全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市商工センター跡地周辺を整備 LABVプロジェクト始動【山陽小野田】

 

山陽小野田市商工センター跡地の官民複合施設整備や山口銀行小野田支店跡地の利活用など、周辺エリアのまちづくりを担う共同事業体「山陽小野田LABVプロジェクト合同会社」が誕生し、30日にセントラルホテルで代表者が会見を行った。地元の産官学金と事業パートナー6社の計9者で構成。藤田剛二市長は「市の未来を切り開くプロジェクトを力強く推進したい」、職務執行者の山本計至・合人社計画研究所経営企画本部長は「必ず成功させる」と意気込みを語った。    LABVは自治体が公有地を現物出資し、民間事業者らが資金を出してつくる共同事業体が、公共施設と民間収益施設を複合的に整備、維持管理、運営する事業手法。通常のPFI(民間資金活用による社会資本整備)事業が特定の公共施設を対象とするのに対し、LABVは公有地を(時に複数を連鎖的に)官民で開発していくのが特徴。全国でも先進的な取り組みで、注目を集めている。    合同会社は市、小野田商工会議所、山口銀行と、事業パートナーで代表社員の合人社計画研究所(福井滋代表、本社広島市)、大旗連合建築設計(大旗祥代表、同)、前田建設工業(前田操治社長、同東京都千代田区)、市内の富士商グループホールディングス(藤田敏彦代表、同稲荷町)、長沢建設(西村創之介社長、本社西高泊)、エヌエステクノ(清水俊宏代表、同新沖3丁目)の計9者が、6月30日付で設立した。    居住・交流人口の増加、まちの活性化、エリア価値の向上を目的に、最初に取り組むのが商工センターの再整備で、既に7月から解体がスタート。新施設には市の出張所、市民活動センター、中央福祉センター、地域職業相談室、小野田商議所、山銀小野田支店、山口東京理科大の学生寮(66室)、チャレンジショップを整備し、2024年4月からの運用開始を目指している。    山銀小野田支店跡はコワーキングスペースやインキュベーション施設として活用。連鎖的事業として、高砂市有地にはビジネスホテルなどの宿泊施設、中央福祉センター跡には低層賃貸集合住宅の建設を計画している。4カ所の整備を終えるのは約10年後を見込む。建設から維持管理、運営を含めて35年間の長丁場の事業で、総費用は31億1976万円。    会見で、藤田市長は2018年の発案から足かけ5年の経緯を説明し「このチャレンジが他自治体の参考となって全国展開されるよう頑張っていきたい」と決意。山口フィナンシャルグループの椋梨敬介CEOは「地方自治体の課題解決のモデルケースとなる」、合同会社の山本職務執行者は「ハードだけでなくソフトもしっかり開発し、建物も活動も自然に市に溶け込む運営をしたい」と抱負を語った。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク