全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

初心者歓迎、気軽に アイヌ刺しゅう講師 小美浪フミさん サークル「のんのクラブ」発足  白老

白老町北吉原のアイヌ刺しゅう講師、小美浪フミさん(76)主宰のサークル「のんのクラブ」が発足し、31日に受講の受け付けを始めた。毎週水曜午前10時~午後3時に小美浪さんの自宅を開放し、刺しゅうを基礎から教える。初心者歓迎という。

気軽な受講を呼び掛ける小美浪さん(写真中央)

 小美浪さんはアイヌ文様刺しゅうの衣類や小物を長年手掛けてきた作家で、旧苫小牧駒沢大学(現北洋大学)で2016年度のアイヌ刺しゅう講座(苫駒大環太平洋・アイヌ文化研究所主催)の講師を務めるなど町内外で活動してきた。

 小美浪さんは「和装や洋装の技術ばかりでなく、アイヌの伝統に基づく刺しゅう技術も伝えていきたい」とサークルを発足させた意義を語る。

 これまで手掛けてきた伝統衣装は、布地に細い白布や色布を縫い付け、その上に刺しゅうを施すルウンペや、樺太アイヌ伝統の衣装レタルペ(白いもの)、カパラミプ(薄い着物)などがあり「一緒に楽しく学んでいきましょう」と呼び掛けている。

 小美浪さんは「時間内なら何時に来てもいいし、1時間でも終日いても構わない」と話しており、受講料は1カ月1000円。事前に連絡すれば見学も自由。問い合わせは小美浪さん 携帯電話090(8272)3468。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク