全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アラセツ前夜に「ツカリ」 膳供え、祖先に祈り 龍郷町秋名・幾里

縁側に膳を供えコウソガナシを祭る「ツカリ」=30日、鹿児島県龍郷町秋名

 旧暦8月最初の丙(ひのえ)の日に当たる31日はアラセツ(新節)の祭り日。鹿児島県龍郷町秋名・幾里では国の重要無形民俗文化財の秋名アラセツ行事が行われる。前日の30日は前夜祭に当たる「ツカリ」があり、地域住民が各家庭でごちそうを供えてコウソガナシ(先祖の神)を祭った。

 秋名の作田ヘイ子さん(90)は、今年も赤飯や野菜の煮物、揚げた魚など心を込めた膳を用意し、家内安全を願って先祖に手を合わせた。芋と米を原料にした発酵飲料「ミキ」や焼酎、お茶、季節の果物のほか「(悪いものを)道迷いさせるため」に、らせん状に巻いたニラも供えられた。

 秋名アラセツ行事は五穀豊穣(ほうじょう)を願う稲作儀礼。昔はツカリの晩に住民が家々を一軒ずつ訪問して踊り、夜が明けるのを待ったという。高齢化などでツカリにごちそうを供える家は年々減りつつある。

 作田さんは「23歳でお嫁に来て義理の母に教わったことを続けている。子や孫に無理にやりなさいとは言わないが、自分が元気なうちは続けていきたい」と話した。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク