全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国の「紬ちゃん」募る 龍郷町で9月1日から 先着で命名板、商品券も

龍郷町「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」で応募者先着300人に贈られる命名ボード(サンプル)

 2021年以降に生まれた「紬(つむぎ)」という名前の子どもを全国から募集し、プレゼントを贈る龍郷町の「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」が始動する。民間企業による21年の調査で女の子への命名件数が最も多かった「紬」と、伝統工芸品の織物「本場奄美大島紬」を掛けた企画。応募した先着300人に命名ボード(板)、応募した上で来庁した先着100人に商品券を贈る。募集は9月1日から。

 町企画観光課によると、プロジェクトは、多くの人に同町を知って訪れてもらうことで、ふるさと納税や情報発信を行う「関係人口」を増やすことが目的。事業費は、ふるさと納税を財源として約400万円を確保した。

 「紬」という名前は、通信教育・出版大手のベネッセコーポレーションによる「2021年たまひよ赤ちゃんの名前ランキング」(同年1~9月の新生児対象)で、女の子への命名件数が「陽葵(ひまり)」と並んで1位となった。

 プロジェクトの応募条件は、21年1月~22年8月31日生まれで「紬」1文字を「つむぎ」と読む名前の子ども。国内在住者に限り、性別は問わない。同町ホームページに掲載された専用フォームで、12月28日まで受け付ける。

 プレゼントは①名前と生まれた日時、身長・体重や大島紬の「龍郷柄」を加工した木製の命名ボード(縦25㌢、横20㌢)②町内で使える1万円分商品券│の2種類。①は応募した先着300人に郵送し、②は応募した上で10月15日~23年1月31日に来庁した先着100人に手渡す。

 同町の担当者は「『紬』という名前は人気が年々高まっている。ぜひ応募を機に大島紬、龍郷町との縁を感じてもらえたら」と呼び掛けている。問い合わせは電話0997(69)4512龍郷町企画観光課へ。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク