全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国の「紬ちゃん」募る 龍郷町で9月1日から 先着で命名板、商品券も

龍郷町「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」で応募者先着300人に贈られる命名ボード(サンプル)

 2021年以降に生まれた「紬(つむぎ)」という名前の子どもを全国から募集し、プレゼントを贈る龍郷町の「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」が始動する。民間企業による21年の調査で女の子への命名件数が最も多かった「紬」と、伝統工芸品の織物「本場奄美大島紬」を掛けた企画。応募した先着300人に命名ボード(板)、応募した上で来庁した先着100人に商品券を贈る。募集は9月1日から。

 町企画観光課によると、プロジェクトは、多くの人に同町を知って訪れてもらうことで、ふるさと納税や情報発信を行う「関係人口」を増やすことが目的。事業費は、ふるさと納税を財源として約400万円を確保した。

 「紬」という名前は、通信教育・出版大手のベネッセコーポレーションによる「2021年たまひよ赤ちゃんの名前ランキング」(同年1~9月の新生児対象)で、女の子への命名件数が「陽葵(ひまり)」と並んで1位となった。

 プロジェクトの応募条件は、21年1月~22年8月31日生まれで「紬」1文字を「つむぎ」と読む名前の子ども。国内在住者に限り、性別は問わない。同町ホームページに掲載された専用フォームで、12月28日まで受け付ける。

 プレゼントは①名前と生まれた日時、身長・体重や大島紬の「龍郷柄」を加工した木製の命名ボード(縦25㌢、横20㌢)②町内で使える1万円分商品券│の2種類。①は応募した先着300人に郵送し、②は応募した上で10月15日~23年1月31日に来庁した先着100人に手渡す。

 同町の担当者は「『紬』という名前は人気が年々高まっている。ぜひ応募を機に大島紬、龍郷町との縁を感じてもらえたら」と呼び掛けている。問い合わせは電話0997(69)4512龍郷町企画観光課へ。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク