全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「にじのきらめき」を収穫 紀南は稲刈りシーズン

「にじのきらめき」を収穫する杉岡健吾さん(和歌山県白浜町平で)

 稲刈りシーズンに入った和歌山県の紀南地方で、新たな品種を収穫する農家が出てきた。田辺市中芳養の杉岡健吾さん(35)は、高温の耐性や収量に優れ、味も良いとされる品種「にじのきらめき」を栽培して2年目。手応えを感じているという。

 にじのきらめきは、国の研究機関、農研機構が育成した品種。「コシヒカリ」に比べて多収で、高温耐性が強く、大粒で玄米品質が優れる。丈が短いので風や雨などにも強く、食味もコシヒカリと同等とされている。
 杉岡さんは父と一緒に米作りをしており、昨年、「ヒカリ新世紀」や「ミルキープリンセス」に加え、その特徴にひかれて、試験的ににじのきらめきを1・5ヘクタールで栽培。今年は全ての水田計10ヘクタールににじのきらめきを植えた。
 田は田辺市、上富田町、白浜町にあり、収穫は19日から始めた。9月中旬か下旬ごろまで続く見込み。JA紀南の直売所「紀菜柑」や「あぜみち」で販売している。
 杉岡さんは「今年も出来は良い感じ。高齢化した農家から依頼を受け、毎年栽培面積が増えてきているが、声をかけてくれることはありがたい。化学肥料を減らし、農薬散布も最低限にしながら、品質や収量を維持できるよう土づくりにこだわって栽培している」と話す。
 JA紀南によると、管内での米作はコシヒカリがほとんどで、ほかにキヌヒカリなどの品種が栽培されている。農家はJAや直売所に出荷したり、個人販売したりしているという。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク