全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「にじのきらめき」を収穫 紀南は稲刈りシーズン

「にじのきらめき」を収穫する杉岡健吾さん(和歌山県白浜町平で)

 稲刈りシーズンに入った和歌山県の紀南地方で、新たな品種を収穫する農家が出てきた。田辺市中芳養の杉岡健吾さん(35)は、高温の耐性や収量に優れ、味も良いとされる品種「にじのきらめき」を栽培して2年目。手応えを感じているという。

 にじのきらめきは、国の研究機関、農研機構が育成した品種。「コシヒカリ」に比べて多収で、高温耐性が強く、大粒で玄米品質が優れる。丈が短いので風や雨などにも強く、食味もコシヒカリと同等とされている。
 杉岡さんは父と一緒に米作りをしており、昨年、「ヒカリ新世紀」や「ミルキープリンセス」に加え、その特徴にひかれて、試験的ににじのきらめきを1・5ヘクタールで栽培。今年は全ての水田計10ヘクタールににじのきらめきを植えた。
 田は田辺市、上富田町、白浜町にあり、収穫は19日から始めた。9月中旬か下旬ごろまで続く見込み。JA紀南の直売所「紀菜柑」や「あぜみち」で販売している。
 杉岡さんは「今年も出来は良い感じ。高齢化した農家から依頼を受け、毎年栽培面積が増えてきているが、声をかけてくれることはありがたい。化学肥料を減らし、農薬散布も最低限にしながら、品質や収量を維持できるよう土づくりにこだわって栽培している」と話す。
 JA紀南によると、管内での米作はコシヒカリがほとんどで、ほかにキヌヒカリなどの品種が栽培されている。農家はJAや直売所に出荷したり、個人販売したりしているという。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク