全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

先輩が育てたカワニナ放流 上伊那農業高生がホタル復活事業に協力 長野県箕輪町で

先輩が育てたカワニナを水辺に放つ上農コミュニティデザイン科里山コースの2年生=25日午後、箕輪町三日町のビオトープ「かまくらざわ生きものの里」

 上伊那農業高校(長野県南箕輪村)コミュニティデザイン科里山コースの2年生は25日、箕輪町三日町上棚のビオトープ「かまくらざわ生きものの里」で、同コースの先輩たちが育てたホタルの幼虫の餌となるカワニナ111匹を放流した。3年生になると携わるホタル復活事業の前準備で、校内で養殖された稚貝を水辺に放した。

 毎年度の同コース3年生は、南箕輪村大泉地区で住民有志が進めるホタル復活事業に協力。昨年度にはカワニナを大泉川左岸の試験水路に放ち、越冬にも成功した。今年度からは生きものの里で捕獲したホタルの成虫を校内で人工飼育し、産卵、繁殖させる取り組みも始めた。

 この日の放流には2年生15人が参加。極小の稚貝を手に取り、丁寧に作業した生徒は「光ることは知っているが、本物のホタルは今まで見たことがない。先輩から受け継いで、普通に気軽に触れられる環境を復活させて次の世代に伝えたい」と話した。

 生きものの里自体も以前に比べてホタルの個体数が減っているといい、このビオトープの所有管理者で同校元教頭の藤澤昭二さん(69)は「環境のバロメーターでもある生物復活の取り組みに、生徒と一緒に協力し合えるのは幸せ」と目を細めた。

 今年度の3年生は雌雄の成虫を捕獲する難しさを知り、人工飼育は来年度以降にお預けとなったが、ホタルの発生場所や時期、捕獲方法など基礎データを蓄積。繁殖に向けた取り組みは後輩に引き継がれる。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク