全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラジオ体操の子どもらに方言指導 知名町正名老人クラブ 早朝、10分間の集中学習

ラジオ体操後、子どもたちに方言を教える正名老人クラブの会員=24日、鹿児島県知名町正名

 鹿児島県知名町の正名老人クラブは夏休み期間、集落の公民館で行われるラジオ体操に集まった子どもたちに、島ムニ(沖永良部島の方言)を教える教室を開いている。体操後約10分間の教室に、24日は地元の子どもたち約20人が参加。同クラブ会員の高齢者から、日常生活で使われる単語や会話文の発音、意味などを学んでいる。

 集落の方言継承のため、今年から始めた。夏休みの前半は月~金曜の週5日、後半は子どもたちが宿題などで忙しいだろうと、月、水、金曜の週3日に変更して教室を開いている。

 教材は「正名字沿革誌」(同誌編纂委員会編)を参考に、高齢者がホワイトボードや大きな紙に手書きしている。体の部位や家族、親族の呼び方など単語から始め、現在は会話文も教えている。

 この日は単語の復習の後、既に学んだ単語を使った会話文を紹介。高齢者が島ムニで読み上げ、手本を示した後、子どもたちはその発音をまねて練習していた。

 参加した小学生は「これまでにチラ(顔)、ハギ(足)、アガリ(東)、イー(西)、メーシ(朝ごはん)とか覚えた。方言は難しいけど、学んだ言葉は家で使っている」と話した。

 同老人クラブの森田盛政会長(75)は「ちょっとした時間を使って伝えることができればと思い、始めた。子どもたちはよく覚えてくれている。夏休みが終わった後も続けなければ意味がないので、また教えられる時間を見つけてやっていきたい」と話した。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク