全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イセエビ漁解禁 奄美群島 初日水揚げ66.7キロ

漁が解禁され、水揚げされたイセエビ=21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協

 鹿児島県奄美群島で21日、イセエビ漁が解禁された。奄美市名瀬の名瀬漁業協同組合(満林春男組合長)では、早朝から赤エビ(カノコイセエビ)や青エビ(シマイセエビ)が並び、仲買人が競り落とす光景が見られた。解禁日は例年、最高値が4千円を超えるなど高値傾向となるが、今年はその相場を大きく下回り、漁業関係者からは落胆の声が聞かれた。

 名瀬漁協によると、21日は名瀬漁協管内のほか、奄美市笠利町、瀬戸内町からも水揚げがあった。初日の水揚げ量は前年比27.8キロ減の66.7キロ。前日夜からのしけの影響もあり、2年連続で100㌔台を割り込んだ。

 初日のイセエビの競り価格は、多くが2千円台から3千円台で推移した。漁協担当者は「新型コロナウイルスによる需要の落ち込みに加え、日曜日の競りで仲買人の数が少なく、業者間での競争が減ったため価格が落ち込んだのではないか」と分析した。

 イセエビを競りに出した30代男性は「海がしけていたが、少し無理をして漁をした。初日は水揚げが少なく、高値を期待していただけに残念。相場が戻るのにはしばらくかかりそうだ」と肩を落とした。

 イセエビ漁は資源保護を目的に、産卵期に合わせて5月1日から8月20日まで禁漁期間に設定されている。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク