全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

冠水避難を疑似体験 帯広で初の水害訓練

水中歩行を体験する参加者

 帯広市地域防災訓練が3日、帯広第一中学校で開かれた。昨夏の台風を受け、今年は初めて水害を想定して実施。地域住民と消防、自衛隊など関係機関から計約600人が参加し、避難訓練や冠水状況の疑似体験などを通じて水害から身を守るすべを学んだ。

 午前9時、市内全域に発信した緊急速報メールで訓練を開始。同校は浸水想定区域内にあるため、避難してきた住民は介助方法を確認しながら上階に逃げた。拓光町内会の清水孝栄副会長(80)は、「住民の高齢化と町内会加入率低下が進み、私も含め携帯電話などを持たない人もいる。避難情報を知らせるのが一番の課題」と話していた。

 グラウンドでは、くるぶしの上ほどの深さの泥水が流れる水路を歩く体験を実施。三原綾子さん(79)は「このぐらいの深さでも結構よろよろする。これ以上深かったら歩くのは大変」と話していた。負傷者の救助や応急手当て、帯広測候所などによる防災講話、炊き出し訓練も行われた。

 開会式で米沢則寿市長は「地域が連携して適切な行動を取れるよう、訓練を通じて必要な知識、技術を習得し、地域の防災体制をより強化してもらいたい」と述べた。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク