全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

漂着ごみ拾って調査 南紀熊野ジオ探偵団

海岸でごみを拾い集める南紀熊野ジオパーク探偵団の高校生ら(和歌山県新宮市で)

 南紀熊野ジオパークでの探究活動を通じ、未来を考え、地元が抱える問題の解決に取り組める人材を育てようと、中高生が参加して昨年度発足した「南紀熊野ジオパーク探偵団」が本年度の活動を始めた。17、18日に和歌山県の新宮市と白浜町の海岸で中高生が漂着するなどしたごみを調査した。
 南紀熊野ジオパーク推進協議会事務局によると、本年度は昨年度に続いて、海岸漂着ごみを手がかりに地球環境を考える「海洋環境を考える」をテーマに活動。今月上旬にオンライン形式で事前学習をしており、17日に新宮市の三輪崎海岸で高校生4人、18日には白浜町の志原海岸で中高生15人が参加して現地調査に取り組んだ。
 三輪崎海岸での調査には、新宮市にある新宮高校と新翔高校の生徒を含め計約20人が参加。探偵団の団長を務めている南紀熊野ジオパークセンターの東垣センター長(66)から、木製の団員証と探偵団手帳を受け取った後、専門家らと一緒に海岸を歩きながらペットボトルや漁具、発泡スチロールなどを拾い集め、分類して数などを記録用紙に記入した。
 参加した新翔高校3年の中村美優さん(17)は「学校で地域の人の困り事などに対応する活動をしており、探偵団にも興味があって参加した。海岸にはごみが結構多かったし、いろんな種類があって、どうやって流れ着いたのだろうと感じた」と話した。
 東センター長は「単に海岸を掃除するだけでなく、地元の問題を題材に活動することで郷土愛を育みながら、データを集めたり、特徴を比較したりすることで子どもたちの科学する心を養いたい」と話していた。
 今後、調査結果の報告や意見交換などをする事後学習をし、来年1月ごろに活動発表会を開くことなどを予定しているという。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク