全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

のり面が崩落した市道の現場(和歌山県田辺市本宮町上切原で)

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。

 「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日未明、自宅横を通っている水路が詰まって水があふれ、自宅が床上浸水した。近くの集会所へ車で避難したが、不安で眠れなかったという。妻(73)は「大雨や台風の時はいつも(水路を)気にするが、こんなことは初めて」と話した。
 県によると、13日の降り始めから14日午後3時までの雨量が本宮町本宮で299ミリ、本宮町三越では300ミリを記録した。
 市は14日未明、夫妻が暮らす本宮町本宮の一部地区(20世帯30人)を対象に避難指示を発令。5世帯の計9人が避難した。
 地区のすぐそばを流れる音無川も大雨で増水。幅1メートルほどの地域住民らが使う橋(延長約20メートル)が、流木に押され、50メートルほど下流へ流された。
 本宮町上切原では、市道ののり面が30メートルにわたって崩れ、路面をふさいだ。市は通行止めにしているが、復旧の見通しは立っていない。
 この影響で、地区住民は幹線道路へ出るために迂回(うかい)を強いられている。谷口孝夫さん(83)は「距離にして1キロくらい、時間なら数分だと思うが、やっぱり不便。早く通れるようになるといいが、仕方ない」と語った。
 市によると、道路では他に本宮町皆地の市道、本宮町皆瀬川の林道も崩土や落石で通行止めになっている。皆地の市道では18日から復旧作業を始めた。
 国道168号と熊野本宮大社の旧社地・大斎原(おおゆのはら)を結ぶために音無川に架かる橋(延長約30メートル)も被災し、市は通行止めにした。大社によると、大斎原に被害はなかった。ただ、15日に大斎原で予定していた神事は、河川の増水で会場を境内に変更した。精霊舟は後日、熊野川へ流す。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク