全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

のり面が崩落した市道の現場(和歌山県田辺市本宮町上切原で)

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。

 「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日未明、自宅横を通っている水路が詰まって水があふれ、自宅が床上浸水した。近くの集会所へ車で避難したが、不安で眠れなかったという。妻(73)は「大雨や台風の時はいつも(水路を)気にするが、こんなことは初めて」と話した。
 県によると、13日の降り始めから14日午後3時までの雨量が本宮町本宮で299ミリ、本宮町三越では300ミリを記録した。
 市は14日未明、夫妻が暮らす本宮町本宮の一部地区(20世帯30人)を対象に避難指示を発令。5世帯の計9人が避難した。
 地区のすぐそばを流れる音無川も大雨で増水。幅1メートルほどの地域住民らが使う橋(延長約20メートル)が、流木に押され、50メートルほど下流へ流された。
 本宮町上切原では、市道ののり面が30メートルにわたって崩れ、路面をふさいだ。市は通行止めにしているが、復旧の見通しは立っていない。
 この影響で、地区住民は幹線道路へ出るために迂回(うかい)を強いられている。谷口孝夫さん(83)は「距離にして1キロくらい、時間なら数分だと思うが、やっぱり不便。早く通れるようになるといいが、仕方ない」と語った。
 市によると、道路では他に本宮町皆地の市道、本宮町皆瀬川の林道も崩土や落石で通行止めになっている。皆地の市道では18日から復旧作業を始めた。
 国道168号と熊野本宮大社の旧社地・大斎原(おおゆのはら)を結ぶために音無川に架かる橋(延長約30メートル)も被災し、市は通行止めにした。大社によると、大斎原に被害はなかった。ただ、15日に大斎原で予定していた神事は、河川の増水で会場を境内に変更した。精霊舟は後日、熊野川へ流す。

関連記事

長野日報社

横浜の中学生ザザムシ漁 長野県伊那市で体験

 昆虫食文化をテーマに学習する公文国際学園中等部(横浜市)の3年生26人が28日、長野県伊那市を訪れ、伊那谷の伝統漁法ザザムシ漁を体験した。地元の天竜川漁業協同組合が全面的に協力。天竜川に立ち入っ...

長野日報社

入笠エリアで健康増進 来月15日ウオーキング大会 長野県富士見町

 長野県富士見町は10月15日、入笠エリアを舞台にした健康増進イベント「ウオーキング大会inパノラマリゾート」を初めて開く。健康・体力づくり事業財団の支援事業に採択され、諏訪地方6市町村在住者を対...

紀伊民報社

「杉玉」を新たな名産に 株式会社龍神村

 和歌山県田辺市龍神村の住民有志が出資した「株式会社龍神村」(伊藤研治代表取締役)は、龍神村産のスギの葉を使った「杉玉」の販売を始める。新鮮な葉を使って一つ一つ手作業で作っており、リラックス効果...

荘内日報社

由良温泉「国民保養温泉地」に

 環境省は27日、鶴岡市の由良温泉を新たに「国民保養温泉地」に指定したと発表した。同市内では2001年指定の湯田川温泉、18年の湯野浜温泉、19年のあつみ温泉に続き4件目で、市町村単位では全国最多の指定件数と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク