全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

アカウミガメふ化始まる 串本海中公園

串本海中公園センター水族館で誕生したアカウミガメ(16日、和歌山県串本町有田で)

 和歌山県串本町有田の串本海中公園センター水族館で、飼育しているアカウミガメが産んだ卵のふ化が始まった。20日ごろから館内で赤ちゃんウミガメを展示する予定。今年は9月下旬までに300~400匹ほどの誕生を見込んでいるという。
 ウミガメの飼育を担当している吉田徹副館長(40)によると、同水族館では1995年、世界で初めて人工飼育下でのアカウミガメの繁殖に成功。今年生まれたアカウミガメは最初の親から見ると、ひ孫世代に当たる。
 今年は同館の人工産卵場で6月9日から7月24日にかけてアカウミガメの産卵を12回確認。8月11日の夜に最初の産卵巣から65匹が、12日夜にも別の巣から80匹が誕生したという。
 赤ちゃんウミガメは甲羅の長さが約4・5センチ、重さは20グラムほどで現在はバックヤードで飼育。このころはまだ甲羅が柔らかく、成長とともになくなるという、卵を内側から割るために鼻と口の間にある突起「卵角(らんかく)」や、卵の中で栄養とつながっていた、へそのような部分も見ることができる。
 吉田副館長は「餌を元気に食べており、今週末ぐらいに館内の子ガメ水槽へデビューさせたい。飼育している大人のアカウミガメとの大きさの違いや今だけ見られる体の特徴、泳ぐのがまだ上手でない様子などを見ていただけたらうれしい」と話している。
 アカウミガメは太平洋や大西洋などに分布しており、大きなものでは甲羅の長さが1メートルほどになる。環境省のレッドリストで絶滅危惧1B類、県のレッドデータブックでは準絶滅危惧に分類。同水族館では、飼育する数匹を残して標識放流をしている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク