全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

3年ぶりに開催された忘勿石之碑慰霊祭。戦争マラリアの記憶を次世代に継承していく活動は続く=15日午前、西表島南風見田海岸

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。

 慰霊祭は、忘勿石之碑保存会が碑を建立した1992年から毎年8月15日に実施してきたが、会員の高齢化の進展に加え、平田一雄会長が2016年に死去したことで活動が停滞。台風で被害を受けた石碑の修復への動きと相まって記憶継承の必要性が叫ばれてきた。

 ところが、期成会メンバーも平均年齢70代と高齢化が進む。2020年の国勢調査で町人口3942人に対し、戦前・戦時中に産まれた人は400人余りと、全体の約1割しかいない。

 期成会は、波照間関係者だけでなく現組織の輪を広げ、西表東部地区の公民館の力も借りながら慰霊祭の開催や平和教育の機会を増やし、語り部を育成したい考え。

 慰霊碑を修復した期成会の内原勲会長(73)は「今、若い方に関心を持ってもらうための過渡期にきている。われわれがここで起きた史実を正しく引き継ぎ、平和教育や若手の語り部を育成し、記憶をつないでいきたい」と力を込めた。

関連記事

長野日報社

横浜の中学生ザザムシ漁 長野県伊那市で体験

 昆虫食文化をテーマに学習する公文国際学園中等部(横浜市)の3年生26人が28日、長野県伊那市を訪れ、伊那谷の伝統漁法ザザムシ漁を体験した。地元の天竜川漁業協同組合が全面的に協力。天竜川に立ち入っ...

長野日報社

入笠エリアで健康増進 来月15日ウオーキング大会 長野県富士見町

 長野県富士見町は10月15日、入笠エリアを舞台にした健康増進イベント「ウオーキング大会inパノラマリゾート」を初めて開く。健康・体力づくり事業財団の支援事業に採択され、諏訪地方6市町村在住者を対...

紀伊民報社

「杉玉」を新たな名産に 株式会社龍神村

 和歌山県田辺市龍神村の住民有志が出資した「株式会社龍神村」(伊藤研治代表取締役)は、龍神村産のスギの葉を使った「杉玉」の販売を始める。新鮮な葉を使って一つ一つ手作業で作っており、リラックス効果...

荘内日報社

由良温泉「国民保養温泉地」に

 環境省は27日、鶴岡市の由良温泉を新たに「国民保養温泉地」に指定したと発表した。同市内では2001年指定の湯田川温泉、18年の湯野浜温泉、19年のあつみ温泉に続き4件目で、市町村単位では全国最多の指定件数と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク