全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

亡くなった3人に黙とうをささげる地元鮎沢区の三役

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合わせたりして3人の冥福を祈る人の姿が見られた。

土石流は昨年8月15日早朝、中大久保と大久保の二つの渓流で発生。中大久保では中央道より約100メートル上部で土砂の崩壊が起こり、JR川岸駅前の住宅に土砂が押し寄せ、窓から流入した。大久保からの土石流は、その住宅から170メートルほど南の市道川岸274号線から県道下諏訪辰野線に流れ込み、県道は泥水であふれた。

地元鮎沢区では、鮎澤要一区長(66)ら三役が献花に訪れ、黙とうをささげた。当時、避難所運営など災害対応に当たっていた鮎澤区長は「溢水に対応して土のうを積んでいた時、住宅に土石流が流れ込み中に人がいると聞きがくぜんとした。無事を願っていたが残念な結果になってしまった」と振り返った。

同区では、6月に区民を対象にした防災学習会を開いたほか、全世帯に市が作成した防災資料を配布し、住民の意識向上を図っている。鮎澤区長は「2006年7月の豪雨災害でも区内で被害があった。リスクがある場所ということを忘れないためにも、災害を風化させてはいけない」と話した。

関連記事

長野日報社

横浜の中学生ザザムシ漁 長野県伊那市で体験

 昆虫食文化をテーマに学習する公文国際学園中等部(横浜市)の3年生26人が28日、長野県伊那市を訪れ、伊那谷の伝統漁法ザザムシ漁を体験した。地元の天竜川漁業協同組合が全面的に協力。天竜川に立ち入っ...

長野日報社

入笠エリアで健康増進 来月15日ウオーキング大会 長野県富士見町

 長野県富士見町は10月15日、入笠エリアを舞台にした健康増進イベント「ウオーキング大会inパノラマリゾート」を初めて開く。健康・体力づくり事業財団の支援事業に採択され、諏訪地方6市町村在住者を対...

紀伊民報社

「杉玉」を新たな名産に 株式会社龍神村

 和歌山県田辺市龍神村の住民有志が出資した「株式会社龍神村」(伊藤研治代表取締役)は、龍神村産のスギの葉を使った「杉玉」の販売を始める。新鮮な葉を使って一つ一つ手作業で作っており、リラックス効果...

荘内日報社

由良温泉「国民保養温泉地」に

 環境省は27日、鶴岡市の由良温泉を新たに「国民保養温泉地」に指定したと発表した。同市内では2001年指定の湯田川温泉、18年の湯野浜温泉、19年のあつみ温泉に続き4件目で、市町村単位では全国最多の指定件数と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク