全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

やまぐちDC開幕イベント盛大に

SL「やまぐち」号を見送る村岡知事ら(JR新山口駅で)

 幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(山口DC、9月1日~12月31日)のオープニングイベントが2日、山口県山口市のJR新山口駅などで開かれた。同駅のセレモニーでは、村岡嗣政知事やJR西日本の伊勢正文広島支社長がくす玉を割り、観光客誘致への成功を誓った。SLのD51形の入線の他、篠目駅では、SL「やまぐち」号の新客車と旧客車のすれ違い運行もあり、大勢の人出で盛り上がった。

 キャンペーンは、全国のJRグループ6社や地方自治体、観光事業者が協力して実施。県では、歴史と文化の「物語」、食と酒の「ぶちうま!」など六つのISHIN(維新)をテーマに、観光資源に磨きを掛けていく。期間中の観光客の前年比100万人増を目標に、多彩なイベントを展開する。セレモニーには、山陽小野田市の藤田剛二、山口市の渡辺純忠両市長、柳居俊学県議会議長らも出席。村岡知事は「山口DCを成功させ、来年以降のイベントにもつなげていこう」とあいさつした。

 午前10時半ごろには、観光客約1000人を乗せた、臨時の新幹線「さくら」と在来線の快速が、新山口駅に到着。村岡知事らが「おいでませ やまぐちへ」などと記された横断幕を掲げ、出迎えた。同駅の特設ステージでは、下関市の平家踊り保存会や、萩市の越ヶ浜郷土芸能保存会による伝統芸能などで大いに盛り上がった。山口ふるさと大使で、ご当地ソングの女王としても有名な水森かおりさんが、関門海峡を舞台にした新曲を披露した。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク