全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

お盆休み、観光地にぎわう 奄美大島遺産センターに1千人

家族連れなどでにぎわった展示室=13日、鹿児島県奄美市住用町の奄美大島世界遺産センター

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、3年ぶりに行動制限がないお盆休みシーズンを迎えて、鹿児島県奄美大島の観光地は観光客や帰省客でにぎわっている。7月にオープンした奄美市住用町の奄美大島世界遺産センターでは13日、大勢の家族連れなどが訪れ、奄美の森を再現した展示の見学や、隣接する黒潮の森マングローブパークで人気のカヌーツアーを楽しむ姿が見られた。

 世界遺産センターは、奄美・沖縄の世界自然遺産登録から1年を迎えた7月26日にオープンした。森のジオラマに希少な動植物135種の剥製や模型が配置され、大画面の映像や音響と合わせて、昼夜で移り変わる奄美の自然を疑似体験できる。

 13日は来場者らが観察装置を使って生き物を探したり、映像を見ながらアマミノクロウサギや野鳥などの鳴き声に耳を澄ませたりしながら森の〝散策〟を楽しんでいた。

 鹿児島市から帰省した女性(35)は「奄美にこんなに多様な生き物がいることを知って勉強になった。実物も見てみたい」。母親(62)=奄美市名瀬=は「改めて奄美の自然のすごさを感じて、大事にしたいと思った」と話した。

 初めて旅行で奄美に来た東京都武蔵野市の50代夫妻はカヌーツアー後に来場。「世界遺産に登録されたので来てみたかった。カヌーは最高」「観光地化されてなくて、自然の中に入っていけるところがいいですね」と笑顔を見せた。

 世界遺産センター管理運営協議会によると、オープン後の利用者数は1日平均約600人。13日は1076人で最多だった。

 同協議会の岩元宝事務局次長は「今日はかなり多かった。旧盆明けと月遅れ盆が重なったからでは。オープン後は観光客が3分の1くらい。土日は特に島内の人が多い」と話した。新型コロナの感染拡大防止のため、入り口での検温と手指の消毒、マスク着用に協力を呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク