全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

瓶詰めされた色とりどりのピクルスが並ぶ店内

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切にしつつ、食べやすさや見た目などに工夫を凝らし、人にも環境にも配慮した製品に仕上げた。

カラートは、彩りあふれる農産物で食べる人の心と体を満たしたいという願いを込めて6月に設立。伊那市を中心に伊那谷地域で栽培された農産物を使用している。キュウリやタマネギ、ズッキーニなど10~12種類を用意。季節によって内容も変え、複数種を組み合わせたものもある。

瓶詰めのピクルスは、県の規定に基づいて農薬量を減らした「ベーシック」、栽培期間に化学農薬などを使わなかった「ナチュラル」がある。フードロス対策で、規格外野菜や切れ端をパック詰めにした「アウトレット」も。

同地区内の「気の里工房」で加工。加熱殺菌後もシャキシャキした食感が残るように工夫した。ピクルス液は無添加無着色で、蜂蜜やハーブを混ぜて子どもや高齢者も食べやすくした。ハート形に加工した野菜を添えるなど外観にもこだわっている。

開発責任者の日野美香さんは「お客さまや作り手が心躍るように作っている。野菜がとてもおいしく、味を楽しんでみて。野菜と酢の組み合わせは夏バテ予防にも期待できる」と話している。

価格は、ベーシック880円、ナチュラル1080円、アウトレット480円。すべて税込み。

問い合わせは、ファームはせ(電話0265・98・2955)へ。

関連記事

長野日報社

地ビール「宝剣岳エール」発売 長野県駒ケ根市、宮田村のプロジェクト

 長野県駒ケ根市や宮田村、酒造会社などが連携して進める地元産大麦を原料にしたビール・ウイスキー造りプロジェクトの一環として、今年も地ビール「宝剣岳Ale(エール)」の販売が始まった。今年は新た...

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 帯広・藤丸

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

長野日報社

マツタケ続々入荷 長野県伊那市の産直市場グリーンファーム

 長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケが入荷している。今の時期のマツタケは9月下旬以降に収穫されるものより香りは少なめだが、1キロあたりの価格は安くなるという。店内の平...

夢のチーズ工房 自作 DIY動画見て2年がかり 中札内

 帯広市在住の佐々木擁(まなぶ)さん(51)が、未経験だったDIYで実家の物置小屋を改築し「天の川チーズ工房」(中札内村元札内西1線)を開設した。約15年間学んだチーズ作りで起業を決意し、経営に関...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク