全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

選果場の機械で運ばれていくシナノリップ。作業は今月末まで続く予定

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピークを迎えそうだという。

 シナノリップは2018年に品種登録され、甘みと酸味のバランスの良さが特徴。JA全農長野の今年度販売計画に占めるJA上伊那管内の販売量は2番目に多いという。管内では136軒の農家が栽培し、生産量は年々増加している。主に関東や中京方面に出荷する。

 今季の栽培状況は一部で生育不良、早い梅雨明けと暑さの影響を受けた実の日焼けなどが発生したが、全体的には比較的順調とされる。

 箕輪町の選果場では10日も作業員が続々と運ばれてくる果実を手に取り、傷の有無などを確認。機械でも大きさ別に分けるなどして出荷の準備が進められた。

 JA上伊那は「生産量が増加してきた中で、本格的な数量が出てくることを期待したい。シナノリップといえば上伊那と呼ばれるくらい拡大したい」としている。

関連記事

長野日報社

地ビール「宝剣岳エール」発売 長野県駒ケ根市、宮田村のプロジェクト

 長野県駒ケ根市や宮田村、酒造会社などが連携して進める地元産大麦を原料にしたビール・ウイスキー造りプロジェクトの一環として、今年も地ビール「宝剣岳Ale(エール)」の販売が始まった。今年は新た...

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 帯広・藤丸

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

長野日報社

マツタケ続々入荷 長野県伊那市の産直市場グリーンファーム

 長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケが入荷している。今の時期のマツタケは9月下旬以降に収穫されるものより香りは少なめだが、1キロあたりの価格は安くなるという。店内の平...

夢のチーズ工房 自作 DIY動画見て2年がかり 中札内

 帯広市在住の佐々木擁(まなぶ)さん(51)が、未経験だったDIYで実家の物置小屋を改築し「天の川チーズ工房」(中札内村元札内西1線)を開設した。約15年間学んだチーズ作りで起業を決意し、経営に関...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク