全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

とまチョップマンホールカード人気 かわいい図柄、コレクターも注目

苫小牧のマンホールカードをアピールする市職員

 ご当地デザインのマンホールのふたをアピールする「マンホールカード」で、苫小牧市公式キャラクター・とまチョップを描いたカードが注目を集めている。配布先の市役所窓口には道外のコレクターも訪れ、配った枚数は4月の開始から8月末までの5カ月間で5000枚を突破。カードを用意する道内市町の中でも高い人気ぶりで、市はまちのPRにつながるとして予想以上の反応に喜んでいる。

 マンホールカードは、国土交通省や日本下水道協会などでつくる「下水道広報プラットフォーム」(東京都)が企画。地域の観光名所や特産品などを描いたふたの写真と、デザインの由来をカードに掲載し紹介している。参加市町村を募り、昨年4月から無料で配布する事業としてスタート。参加数は1日現在、全国で191市町村を数え、累計約90万枚発行している。

 道内では札幌市や函館市などが2016年度から、苫小牧市や旭川市、恵庭市、稚内市などが17年度から配布を始め、現在13市町が参加している。胆振管内で唯一参加する苫小牧市は初回に2000枚を製作し、平日は市役所上下水道窓口で、土・日曜日は表町のまちなか交流センター・ココトマで4月から一人1枚限定で配り始めた。

 苫小牧のご当地マンホールふたに描いたとまチョップのデザインは評判を呼び、市は追加製作でカードを用意。8月末までに配った枚数は5234枚に上った。

 市上下水道部によると、配布開始の早々から窓口に受け取りに来る人が相次ぎ、道外からやって来るコレクターも目立つという。同部下水道計画課の三國谷弘明係長は「愛らしいキャラクターの図柄が受けているよう。イベント会場でも配るなどして、下水道事業や苫小牧をアピールしたい」と意気込み、ココトマも「まちの宣伝にもなっていると感じる」と話す。

 ご当地マンホールは近年、人気を集め、ふたの写真撮影を楽しむ「マンホーラー」と呼ばれるファンが増加、カードを集める人も増えている。下水道広報プラットフォームは、苫小牧のカードの反応について「配布枚数は道内の参加自治体の中で2番手の多さ」と言う。

 苫小牧観光協会は「カードはどこでもらえるかという問い合わせは多い。市外から訪れて受け取った後、苫小牧の観光案内パンフレットも手にしていく人もいる」と話し、観光振興の効果に期待を寄せている。

 マンホールカードに関する問い合わせは市上下水道部下水道計画課 電話0144(32)6592。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク