全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

中上健次の生原稿寄贈 小説「修験」

寄贈された中上健次の小説「修験」の生原稿(和歌山県新宮市で)

 熊野を舞台に数多くの作品を残した和歌山県新宮市出身の芥川賞作家、中上健次(1946~92)の小説「修験」の生原稿が6日、新宮市立図書館内にある中上健次顕彰委員会に寄贈された。

中上健次(中上健次顕彰委員会蔵)

 寄贈者は、元河出書房新社社員で、退社後、文芸評論家として活躍した川西政明さん(1941~2016)の娘、長谷川阿貴さん=東京都。川西さんが原稿を入手した経緯などは分からないという。
 生原稿は、400字詰め原稿用紙20枚。最初は万年筆で書いているが、6枚目からインクが切れたのか、ボールペンで書いている。中上は、集計用紙に極細の万年筆で作品を書くことで知られており、原稿用紙は珍しいという。
 「修験」は、妻子と別居することになった男が、ふるさと熊野に帰省し、山中を徘徊(はいかい)する中、幻覚を見て、自分自身を見つめ直すという短編小説。雑誌「文芸」(1974年9月号)が初出で、短編小説集「化粧」(1978年3月、講談社)の冒頭に収録されている。
 6日、新宮市下本町2丁目にある市文化複合施設で記者発表した中上の妻で小説家の中上かすみさんは「生原稿が出てきたことに驚いている。あの当時は原稿が戻ってきたり、こなかったりした。(原稿を)大切にとっておいていただいたことは本当にありがたい」と感謝した。
 委員会は、寄贈された生原稿のコピーを市立図書館内にある「中上健次コーナー」で展示する予定。
 中上健次は1976年に「岬」で芥川賞を受賞し、現代文学の旗手として活躍。熊野地方を題材とした多くの作品を残した。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク