全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

豊かな森林残そう 駒ケ根で上伊那郡市育樹祭

上伊那郡市育樹祭で除伐作業を行う参加者=駒ケ根市東伊那

 第34回上伊那郡市育樹祭(県上伊那地域振興局など主催)は10月31日、駒ケ根市東伊那の東伊那財産区有林で開かれた。林業や行政の関係者、一般市民ら約150人が参加。豊かな森林資源を後世に引き継ごうと、除伐などの整備作業に汗を流した。

 会場は2000年の上伊那郡市植樹祭でヒノキの苗木を植えた約0・5ヘクタール。高さ7~10メートルに育った木を間伐し、枝払い、玉切りをして近くの林道まで運び出した。

 作業に先立ち開いた式典で、同地域振興局の堀田文雄局長は「木はしっかりと手入れすればきちんと成長する。大切な森林資源を時代に引き継ぐ一歩となるよう、心を込めて作業してほしい」とあいさつ。地元の杉本幸治市長も「森林の持つ多面的で重要な機能を知り、多くの人が関心をもつ機会になれば」と期待した。

 参加者らはのこぎりやなたを手に山に入ると、県や上伊那森林組合の職員らから手ほどきを受けながら、事前にリボンで印の付けられた木を慎重に切り倒した。友人と4人で参加した笹井キシ子さん(71)=同市福岡=は「親の世代はしっかりと山の手入れを行っていた。自分も孫の代まできちんと緑を残すお手伝いをしたい」と話していた。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク