全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

豪華絢爛、能代七夕「天空の不夜城」3年ぶり運行

高さ日本一の動く灯籠「愛季」や明治期の偉容を復元した「嘉六」が観衆を魅了(能代市柳町で)

 高さ日本一の城郭灯籠が練り歩く能代七夕「天空の不夜城」は2日、能代市中心部の国道101号で3年ぶりに開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が豪華絢爛(けんらん)、迫力満点の姿を披露し、沿道の市民や観光客を楽しませた。

 商工、観光、行政など官民一体で組織する能代七夕「天空の不夜城」協議会(会長・広幡信悦能代商工会議所会頭)が、伝統の七夕行事を生かして交流人口増加を図り、地域活性化につなげようと平成25年から開催。新型コロナウイルスの影響で一昨年は中止、昨年は灯籠の組み立てのみ行っており、3年ぶりに通常開催が復活した。
 コースは市役所前交差点から通町交差点までの約650㍍。地元団体・グループによる踊り、オープニングセレモニーに続いて午後6時30分ごろ、不夜城初参加となる能代一中の「一中若」を先頭に、能代若、嘉六、愛季が順に出発した。
 2基の大型灯籠は日暮れが近づくにつれ、きらびやかな光を放ち、夜の街に色鮮やかな歴史絵巻を浮かび上がらせた。同8時すぎには太鼓のそろい打ち、灯籠の明かりを照らし直す点灯式といった見せ場が続き、観衆からは大きな拍手が上がっていた。
 初日の運行にはスタッフ、ボランティア合わせて約600人が携わり、能代科学技術高からは灯籠の引き手などとして全校生徒が参加した。参加者の検温や消毒、観衆をコース内に入れる「ふれあいタイム」の中止など、感染症対策も講じての開催となった。
 最終日の3日は同5時55分から同8時40分ごろまでの開催。能代二中の「二中若」も登場する。 

関連記事

雨にも負けず「おびひろ盆おどり」400人 USAさん登場

 第75回おびひろ平原まつりの「おびひろ盆おどり」が15日午後6時半から行われた。小雨が降るあいにくの天候だったが、大勢の観客が沿道に詰めかけ、10団体と個人参加合わせて約400人の踊りを見守った...

実り手に祝いのダンス EXILEのUSAさん 帯広で農業コラボ活動

 人気ダンス&ボーカルグループEXILEのUSA(うさ)さんが各地で展開する農業とダンスのイベント「オドル野菜プロジェクト」の収穫イベントが14日午前、帯広市以平町の北口農場で開かれた。5月14日...

青空リサイクル市 初の屋内にぎわう 3年ぶり開催、58組出店

 第48回青空リサイクル市(石垣市主催)が14日、市役所1階市民広場で開催された。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催。58組が出店し、自宅に眠る衣類や雑貨などを販売、大勢の来場者でにぎわった。 ...

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!? 帯広

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク