全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

設楽原歴史資料館で寄贈古式銃3点展示

寄贈された資料を展示するコーナー=新城市設楽原歴史資料館で

 新城市設楽原歴史資料館で、コレクターから「火矢筒(ひやづつ)」「臼砲(きゅうほう)」「艦載砲(かんさいほう)」の古式銃など3点が寄贈され、コーナーを設けて展示している。  三重県松阪市の谷清司さんが、父・勲さんが集めてきた古式銃の一部を寄贈した。  火矢筒は火矢を火薬の力で発射させるもので、台木部分が火縄銃を模した形状となっている。臼砲は臼のような形から呼ばれ、日本では幕末になって用いられたという。  一方、艦載砲は艦船に搭載された大砲。窓枠などに差し込んで上下、左右と自由に向きを変えて使われた。  同館では火縄銃など戦国時代の資料を展示している。寄贈された新たな資料は展示室入り口部分にコーナーを設けて観賞できるようにしている。

関連記事

長野日報社

紅葉の「もみじ湖」案内 ボラガイド”出動” 長野県箕輪町

 長野県箕輪町観光協会は26日、紅葉の名所として知られる箕輪ダム「もみじ湖」の案内などを担う「観光ボランティアガイド」事業を始めた。観光案内サービスの充実を図る新事業で、町内外の19人が先日までに...

長野日報社

信州そば店 スマホでチェックイン 振興会が食事券など当たるイベント 長野..

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23...

長野日報社

茅野駅周辺「本でつながり」 長野県茅野市が空間利用の社会実験

 長野県茅野市は、「本を通じて人がつながる」ことを目指してJR茅野駅周辺で空間利用に関する社会実験を行っている。同駅の自由通路では「本の巣箱」と名付けて本棚を置いて本を貸し出し中。駅利用者が本...

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク