全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「式年造営」の完遂を祝う

「本殿式年遷座祭」の終了を受け開かれた奉祝記念大祭=29日

 山形、秋田県境にそびえる鳥海山(2236メートル)の頂上に鎮座する鳥海山大物忌神社(高橋廣晃宮司)の「本殿式年遷座祭」が無事に終了したことを受け、奉祝記念大祭が29日まで3日間、遊佐町吹浦の同神社吹浦口之宮などで行われ、本殿などを造り替える「式年造営」の完遂を祝い合った。

 同神社は、伊勢神宮(三重県伊勢市)に倣って20年ごとに新たな本殿を造営し、ご神体を鎮めている。記録などから江戸時代初期には行われており、前回は1997年7月。

 16回目の今回は2014年6月に「本殿式年造営奉賛会」(会長・新田嘉一平田牧場グループ会長)を組織し、地元だけでなく広く全国各地から寄付を募るなどしてきた。13年の伊勢神宮式年遷宮で解体されたヒノキの部材を使い、新たな本殿が完成し、昨年9月にヘリコプターで頂上まで運ばれた。今年7月8日の日没後、高橋宮司がご神体を本殿に納めた。

 29日午前に同神社吹浦口之宮で行われた「御遷座奉祝祭」には奉賛会員、氏子らが参列。高橋宮司による祝詞奏上、完遂を祝う舞の奉納などの後、高橋宮司はじめ5人が神前に玉串をささげた。

 引き続き同神社斎館で直会が行われ、奉賛会の新田会長のあいさつを茨木高芳副会長が代読、「前回に引き続き奉賛会長を引き受けて足かけ4年。吹浦の境内で幼少期を遊び育った者として、共に鳥海山の恵みを頂いて暮らす私たちは、大神様の恵みに感謝しつつ、霊峰鳥海の信仰と文化を次の世代へと伝え、確かな継承とさらなる発展を願わずにはいられない。本事業の成功が、美しい自然環境と、私たちの精神文化を見つめ直す好機になれば」とした。高橋宮司は「今回の事業では数多くの皆さまの思いを拝聴した。引き続き地域の皆さまに敬愛されるように誠心誠意、職務に励んでいきたい」と述べた。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク