全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

みはらしファームの農場で栽培されたブルーベリーを加工したピクルス

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液に浸し、地物の魅力を詰め込んだ一品。限定50本。

同園の果物の新しい味わい方をPRする試み。みはらしファーム運営会議の商品開発部会が企画した。今後は「フルーツピクルス」としてシリーズ化も検討している。

ブルーベリーはストレス軽減などに効果が期待される抗酸化物質を多く含む。酢と組み合わせることで健康面からも期待が高まる。ピクルス液はリンゴ酢や蜂蜜を研究を重ねた割合で配合し、さらには実のうま味が溶け出していて、ジュースとしても味わえる。

ピクルスは同園の農家から果実を仕入れ、園内の加工所で製造、そして直売所で販売という工程。みはらしファームの関係者が経済的に支え合う仕組みにもなっている。

開発メンバーで同市地域おこし協力隊の和泉翼さん(33)は「ブルーベリーもピクルス液もおいしいので、味わってみてほしい。ブドウやリンゴのピクルスにも挑戦してみたい」としている。

内容量は200グラム(ピクルス液含む)。価格は1000円(税込み)。問い合わせは同園事務所(電話0265・74・1807)へ。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

ホリエモン発 家系ラーメン「堀江家」大樹でプレ開業

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたラーメン店「堀江家(ほりえや)」が25日、コスモール大樹(大樹町西本通98)内でプレオープンした。豚骨しょうゆスープが特徴の「家系ラーメン」を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク