全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ホリエモン発 家系ラーメン「堀江家」大樹でプレ開業

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたラーメン店「堀江家(ほりえや)」が25日、コスモール大樹(大樹町西本通98)内でプレオープンした。豚骨しょうゆスープが特徴の「家系ラーメン」を提供する。同店では「カジュアルに女性でもラーメンを楽しめる店を目指したい」としている。

「堀江家」を開業するJOEさん(左)とスタッフの村澤夏美さん

 堀江さんの呼び掛けに、ボクシングフィットネスのトレーナー、イベントプロデューサーとして活動していたJOE(ジョー)さんが応じ、4月から準備を進めていた。JOEさんは堀江さんが主宰するオンラインサロンの会員。

 開業の地は、堀江さんが創業したロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ(IST)の拠点でもある大樹に。道の駅やスーパーが併設されているコスモール大樹内の空きスペースに店を構えることにした。

 メニューは豚骨しょうゆ味(1000円)のみ。ほろほろ崩れる厚めのチャーシュー、ホウレンソウ、のりがトッピングされており、家系に欠かせないライス付き。券売機は置かず、スマホオーダー・決済システムを導入する。

 JOEさんはラーメン店に専念するべく6月に移住。大樹には昨年も訪れており、ロケットの打ち上げを観覧した。「ラーメン一本で勝負する覚悟で大樹にやってきた。道行く子どもたちがあいさつするので驚いた。町全体がアットホームな雰囲気」と語り、新天地での商売に意欲を見せている。

 25日は予約のみの試験営業で、準備を整えて8月上旬に正式オープンする。詳しい営業情報は同店のSNSで。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク