全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

池田・まきばの家 「森のワインショップ」開店

十勝まきばの家の事務棟にオープンした「森のワインショップ」。左はワインを手にする森田統括マネジャー

 池田町清見の観光宿泊施設「十勝まきばの家」の敷地内に、「森のワインショップ」がオープンした。まきばの家のワイナリーで製造する赤や白、ロゼ、セミスパークリングのワイン7銘柄をはじめ、十勝産のチーズや肉、サウナグッズ、キャンプ用品などを取りそろえている。

 まきばの家を管理・運営する「大地」(本社帯広市)が23日に開設。店舗面積は38平方メートルで、町が研修施設として1975年に建設、現在はまきばの家の事務棟として使われている建物の一角を改装した。国税庁の「新市場開拓支援事業費補助金(フロンティア補助金)」に採択され、総事業費800万円のうち400万円は補助金を活用した。

 店内にはワインセラーを設置。陳列棚には、赤ワイン用品種の「清見」「山幸」「清舞」、白ワイン用品種の「ナイアガラ」「ニューナイアガラ」を原料に「十勝まきばの家ワイナリー」で製造した「翠嵐(すいらん)」「山舞(やままい)」といった7銘柄をはじめ、ワイン城で取り扱っているワインも置いている。

 また、清舞35%、清見30%、ナイアガラ25%、山幸10%をブレンドし「流星」と名付けた、まきばの家でしか飲めない赤ワインの試飲販売を30日から始める。

 7銘柄のうちスパークリングを除く4銘柄の試飲ができ、グラス(50ミリリットル)だと400円、3銘柄飲み比べだと1000円。記念写真としてワインに貼り付けるオリジナルラベルの作製も受け付けている。

 ワインに限らず、まきばの家で栽培したミニトマト、ミニトマトを加工製造したトマトジュースもある。十勝野フロマージュ(中札内村)のチーズや十勝清水コスモスファーム(清水町)の十勝牛コンビーフといった加工品、十勝管内のご当地サイダー、十勝発祥のサウナブランド「サウナモンスター」のサウナハットやバスタオル、まきばの家の敷地内にあるキャンプサイトで利用できる木炭や紙皿、子ども向けの遊具なども取り扱っている。

 森田大統括マネジャーは「十勝の良いものをどんどんそろえていきたい。ワインについてもほかのワイナリーで生産した銘柄を増やせれば」と話している。午前9時~午後6時(11月~翌2月の営業時間は短縮)。年末年始は休み。問い合わせはまきばの家(015・572・6000)へ。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク