全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オストメイトへの理解を

悩みを語り合うオストメイトら=あいトピアで

 病気や事故が原因で人工肛門や人工ぼうこうを保有する人(オストメイト)とその家族らによる集いが28日、豊橋市総合福祉センターあいトピアであった。社会的な理解が十分とは言えない中、防災対策や日常生活の不安や悩みを語り合った。  東三河のオストメイトやその家族からなる「つつじの会」東三河オストメイトの会(牧平興治会長)が開く年1回の研修会で、ヤガミホームヘルスセンター豊橋が協力した。  第1部では、豊橋市民病院肛門外科部長の柴田佳久医師が防災対策などについて講演。東三河に3000人はいるとされるオストメイトだが、外見からは障害の有無がわかりにくく、東日本大震災では支援が遅れ、支援物資が行き渡らず同じ装具を身に着け続けるなどの問題が生じた。  柴田医師は、自身で用意する装具の備蓄場所を複数設けることや、オストメイト用トイレが設置される避難所、支援物資の届き先など情報収集する必要性を説いた。  後半は、豊橋、豊川、蒲郡各市の市民病院や豊橋医療センターの看護師らも交え、グループに分かれて悩みなどを話し合った。オストメイトは排せつ物をためる「パウチ」と呼ばれる袋を腹部に装着しており、たまった汚物はトイレに流す。袋は2~3日で交換するが、参加者からは匂いを気にする声があったほか、温泉や家族宅への宿泊を控え「お風呂は楽しい時間だったが、今は苦痛との闘い」と漏らす人もいた。  集いの後、牧平会長は「市民にはまずオストメイトが周囲にいることを知ってほしい」と理解を求めた。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク