全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オストメイトへの理解を

悩みを語り合うオストメイトら=あいトピアで

 病気や事故が原因で人工肛門や人工ぼうこうを保有する人(オストメイト)とその家族らによる集いが28日、豊橋市総合福祉センターあいトピアであった。社会的な理解が十分とは言えない中、防災対策や日常生活の不安や悩みを語り合った。  東三河のオストメイトやその家族からなる「つつじの会」東三河オストメイトの会(牧平興治会長)が開く年1回の研修会で、ヤガミホームヘルスセンター豊橋が協力した。  第1部では、豊橋市民病院肛門外科部長の柴田佳久医師が防災対策などについて講演。東三河に3000人はいるとされるオストメイトだが、外見からは障害の有無がわかりにくく、東日本大震災では支援が遅れ、支援物資が行き渡らず同じ装具を身に着け続けるなどの問題が生じた。  柴田医師は、自身で用意する装具の備蓄場所を複数設けることや、オストメイト用トイレが設置される避難所、支援物資の届き先など情報収集する必要性を説いた。  後半は、豊橋、豊川、蒲郡各市の市民病院や豊橋医療センターの看護師らも交え、グループに分かれて悩みなどを話し合った。オストメイトは排せつ物をためる「パウチ」と呼ばれる袋を腹部に装着しており、たまった汚物はトイレに流す。袋は2~3日で交換するが、参加者からは匂いを気にする声があったほか、温泉や家族宅への宿泊を控え「お風呂は楽しい時間だったが、今は苦痛との闘い」と漏らす人もいた。  集いの後、牧平会長は「市民にはまずオストメイトが周囲にいることを知ってほしい」と理解を求めた。

関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク