全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

命つなぐ食について考察

「祈りの食文化」をテーマに鼎談を繰り広げた鶴岡致道大学の公開講座

 「祈りの食文化」をテーマにした公開講座が28日、鶴岡市羽黒町手向のいでは文化記念館で開かれ、食や修験道に携わる地元関係者が命をつなぐ食について考え、祈りに通じる感謝の大切さなどについて話した。

 庄内藩校致道館の自学自習の教育風土を現代に受け継ぐ鶴岡総合研究所が主催する本年度の「食といのち」を全体テーマとした鶴岡致道大学の第5講(全6講)として開催。この日は受講生と一般を合わせ約130人が聴講した。

 山形大農学部の江頭宏昌教授をコーディネーターに、出羽三山神社「斎館」料理長の伊藤新吉さん、農家民宿・レストラン「知憩軒」おかみの長南光さん、山伏で宿坊「大聖坊」13代目の星野文紘さんの3人が鼎談(ていだん)。山伏の役割について星野さんは「神や仏と人をつないだり、自然や食、人と人、さらに地域とをつなぐ役目。人間の命をつなぐのが食であり、もとは人も自然だった」。修行する山伏の食だった精進料理について伊藤さんは「季節の恵みを頂き、食べ切れない分は塩漬けや天日干しに。そのままでは食べられないものも塩蔵して食べられるように工夫してきた。知恵があるから食べ物に変えることができた」と先人から口伝で受け継いできた料理を説明。

 長南さんは「祖母や母が作ってくれた体が覚えている味しか作れないが、1日3回、365日食事することを考えると、今まで生きてこられたのは祈りと感謝しかない。食は命をつなぐための一つの大事な方法だと思う」と話した。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク