全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

命つなぐ食について考察

「祈りの食文化」をテーマに鼎談を繰り広げた鶴岡致道大学の公開講座

 「祈りの食文化」をテーマにした公開講座が28日、鶴岡市羽黒町手向のいでは文化記念館で開かれ、食や修験道に携わる地元関係者が命をつなぐ食について考え、祈りに通じる感謝の大切さなどについて話した。

 庄内藩校致道館の自学自習の教育風土を現代に受け継ぐ鶴岡総合研究所が主催する本年度の「食といのち」を全体テーマとした鶴岡致道大学の第5講(全6講)として開催。この日は受講生と一般を合わせ約130人が聴講した。

 山形大農学部の江頭宏昌教授をコーディネーターに、出羽三山神社「斎館」料理長の伊藤新吉さん、農家民宿・レストラン「知憩軒」おかみの長南光さん、山伏で宿坊「大聖坊」13代目の星野文紘さんの3人が鼎談(ていだん)。山伏の役割について星野さんは「神や仏と人をつないだり、自然や食、人と人、さらに地域とをつなぐ役目。人間の命をつなぐのが食であり、もとは人も自然だった」。修行する山伏の食だった精進料理について伊藤さんは「季節の恵みを頂き、食べ切れない分は塩漬けや天日干しに。そのままでは食べられないものも塩蔵して食べられるように工夫してきた。知恵があるから食べ物に変えることができた」と先人から口伝で受け継いできた料理を説明。

 長南さんは「祖母や母が作ってくれた体が覚えている味しか作れないが、1日3回、365日食事することを考えると、今まで生きてこられたのは祈りと感謝しかない。食は命をつなぐための一つの大事な方法だと思う」と話した。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク