全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

命つなぐ食について考察

「祈りの食文化」をテーマに鼎談を繰り広げた鶴岡致道大学の公開講座

 「祈りの食文化」をテーマにした公開講座が28日、鶴岡市羽黒町手向のいでは文化記念館で開かれ、食や修験道に携わる地元関係者が命をつなぐ食について考え、祈りに通じる感謝の大切さなどについて話した。

 庄内藩校致道館の自学自習の教育風土を現代に受け継ぐ鶴岡総合研究所が主催する本年度の「食といのち」を全体テーマとした鶴岡致道大学の第5講(全6講)として開催。この日は受講生と一般を合わせ約130人が聴講した。

 山形大農学部の江頭宏昌教授をコーディネーターに、出羽三山神社「斎館」料理長の伊藤新吉さん、農家民宿・レストラン「知憩軒」おかみの長南光さん、山伏で宿坊「大聖坊」13代目の星野文紘さんの3人が鼎談(ていだん)。山伏の役割について星野さんは「神や仏と人をつないだり、自然や食、人と人、さらに地域とをつなぐ役目。人間の命をつなぐのが食であり、もとは人も自然だった」。修行する山伏の食だった精進料理について伊藤さんは「季節の恵みを頂き、食べ切れない分は塩漬けや天日干しに。そのままでは食べられないものも塩蔵して食べられるように工夫してきた。知恵があるから食べ物に変えることができた」と先人から口伝で受け継いできた料理を説明。

 長南さんは「祖母や母が作ってくれた体が覚えている味しか作れないが、1日3回、365日食事することを考えると、今まで生きてこられたのは祈りと感謝しかない。食は命をつなぐための一つの大事な方法だと思う」と話した。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク