全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

SNSで八重山の魅力発信

ミス八重山のSNSページにアクセスしようという人たちで混雑する八重山ビジターズビューローのPRコーナー=27日午後、台北世界貿易センター

 【台北】台湾最大の旅行イベント、台北国際旅博(台湾観光協会主催、ITF)が27日、台北世界貿易センターで開幕し、八重山ビジターズビューロー(YVB、高嶺良晴理事長)もPRを行っている。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でミス八重山のページに「いいね」ボタンを押すと星砂入りの小瓶がもらえるキャンペーンを行い、開場から2時間ほどで100人に達するなど好評を博している。  日本関連のブースは会場の中央に位置し、すれ違うのがやっとというほどの混雑。YVBはその一角にある沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)のブースに、ミス八重山のフェイスブック(FB)ページとインスタグラムのQRコードをプリントしたシートを用意。スマートフォンをかざす来場者がひっきりなしだった。  これまでのPR活動と同様、離島の魅力を説明した資料も配っており、YVBでは「パンフレットなどを使った説明とともに、SNSの写真を通じて八重山の魅力を伝えたい」としている。  ことしのITFは世界68カ国が参加。30日までの4日間開かれ、主催者では昨年より1万人多い36万人の入場を見込む。昨年の売り上げは110億円余りだった。台湾メディアは今回のITFに関する報道で、台湾の旅行会社の話として「日本は重要な市場」と伝えたほか、4日間で5999元(約2万2600円)という東北地方への個人向け旅行商品について「台湾の国内旅行より安い」などと報じている。

関連記事

北羽新報社

「木都・能代」の林業テーマにモニターツアー

 能代観光協会は26、27の両日、林業に焦点を当てたモニターツアーを能代市内で行った。天然秋田杉の見学をはじめ、「木都・能代」を象徴する国登録有形文化財「旧料亭金勇」への訪問、木工体験などが行程に...

長野日報社

秋晴れの空と山並み水鏡 駒ケ根高原の大沼湖 長野県

 朝晩の冷え込みが徐々に強まり、長野県駒ケ根市と宮田村にまたがる駒ケ根高原では木々の色付きが深まっている。雪化粧した中央アルプスの姿が晩秋から初冬へと季節の移ろいを感じさせている。  同高原...

長野日報社

諏訪神仏プロジェクト盛り上げ 参拝特典「ヤシカ・テラカ」配布中 長野県

長野県の諏訪神社(現・諏訪大社)とともにあった神宮寺ゆかりの仏像を、所蔵する寺院などが一斉公開する「諏訪神仏プロジェクト」の参加神社、寺院が参拝者特典として「お社カード(ヤシカ)」、「お寺カー...

長野日報社

公開中の仏像紹介 諏訪神仏プロジェクト公式ガイド発売 長野県

江戸時代まで長野県の諏訪神社(現諏訪大社)とともにあった神宮寺由来の仏像などを一斉公開している「諏訪神仏プロジェクト」の実行委員会が、公開中の仏像などを紹介する公式ガイドブックを作り、11日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク