全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

SNSで八重山の魅力発信

ミス八重山のSNSページにアクセスしようという人たちで混雑する八重山ビジターズビューローのPRコーナー=27日午後、台北世界貿易センター

 【台北】台湾最大の旅行イベント、台北国際旅博(台湾観光協会主催、ITF)が27日、台北世界貿易センターで開幕し、八重山ビジターズビューロー(YVB、高嶺良晴理事長)もPRを行っている。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でミス八重山のページに「いいね」ボタンを押すと星砂入りの小瓶がもらえるキャンペーンを行い、開場から2時間ほどで100人に達するなど好評を博している。  日本関連のブースは会場の中央に位置し、すれ違うのがやっとというほどの混雑。YVBはその一角にある沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)のブースに、ミス八重山のフェイスブック(FB)ページとインスタグラムのQRコードをプリントしたシートを用意。スマートフォンをかざす来場者がひっきりなしだった。  これまでのPR活動と同様、離島の魅力を説明した資料も配っており、YVBでは「パンフレットなどを使った説明とともに、SNSの写真を通じて八重山の魅力を伝えたい」としている。  ことしのITFは世界68カ国が参加。30日までの4日間開かれ、主催者では昨年より1万人多い36万人の入場を見込む。昨年の売り上げは110億円余りだった。台湾メディアは今回のITFに関する報道で、台湾の旅行会社の話として「日本は重要な市場」と伝えたほか、4日間で5999元(約2万2600円)という東北地方への個人向け旅行商品について「台湾の国内旅行より安い」などと報じている。

関連記事

長野日報社

行動制限ないGW 諏訪地方の観光も好調な入り込み 長野県

春の大型連休(4月29日~5月8日)の長野県・諏訪地方の観光入り込み数は、コロナ前水準への完全回復とはいかないものの、おおむね好調に推移したようだ。期間の初めを除いて好天に恵まれたほか、3年ぶ...

荘内日報社

八色木薬師堂「薬師瑠璃光如来像」御開帳 世界平和願い初の一般公開(鶴岡)

 鶴岡市の藤島八色木薬師堂で8日、お堂に祭られている「薬師瑠璃光如来像」の御開帳が始まった。これまで12年に1度の寅年に八色木地区民しか見ることはなかったが、お堂を管理する堂主の海藤徳之さんと羽黒町手...

長野日報社

文化財デザイン「おたからカード」 長野県伊那市内の文化施設で配布

長野県伊那市教育委員会は、市内の文化施設を巡ってもらおうと、所蔵する文化財をデザインした「おたからカード」を作成した。歴史的資料や絵画、土偶など10種類を300枚ずつ用意。博物館や美術館などを...

北羽新報社

「みどりの日」新緑の藤里町高山を散策

 白神山地世界遺産センター藤里館活動協議会主催の自然観察会「第22回みどりの日の集い」は4日、藤里町で開かれた。時折雨が降り、強めの風が肌寒く感じる天気で山頂からの見晴らしにも恵まれなかったも...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク