全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

広がれ魅力ある地域づくり 上伊那の優良事例を表彰

地域づくりフォーラムで支援金事業の優良事業表彰を受けた4団体の代表=駒ケ根市

 上伊那地方で地域活性化に取り組む団体や行政関係者が集い、互いの活動への理解を深める「い~な上伊那 地域づくりフォーラム」は28日、駒ケ根市ふれあいセンターで開いた。地域づくりネットワーク県協議会上伊那支部と県上伊那地域振興局が主催。一般を含む約100人が参加し、2016年度の「地域発元気づくり支援金」事業の優良事例表彰や事例発表、意見交換を通じて魅力ある地域づくり活動について考え、今後の取り組みの参考にした。

 上伊那管内では、「米俵マラソン」を通じて地元産米のPRや米食の普及を目指す飯島町米俵マラソン実行委員会の取り組みが知事表彰を受賞。宮田村の景観を考える会、上伊那産業振興会、箕輪町の地域戦隊もちレンジャーのそれぞれの事業が同振興局長表彰を受けた。

 各受賞団体が実践事例を発表した。米俵マラソンは、米俵を担いで健脚を競うレースで、町内の耕地面積の8割を占める稲作や水田地帯の優れた景観に着目して個性的な大会を目指そうと企画。初年度は80人ほどだった参加者だが、昨年の第4回大会は808人ものランナーがエントリー。多くの町民がボランティアで協力しており、交流人口の増加にもつながっている点や担ぐ米俵を作る職人を養成して伝統技術を継承したことが高く評価された。

 事務局の酒井裕司さん(42)は今後の展望について「世界大会と銘打って国際的なご当地マラソンに成長させ、町のインバウンドにつなげていきたい。わら細工の職人も養成して町の特産をつくり、新たな産業の創出を目指す」と語り、「駆け出したばかりの大会だが、夢を大きく持って町の発展に貢献していきたい」と意気込んだ。

 意見交換では、地域における移住者受け入れの土壌づくりや、各事業の資金繰りなどをテーマに参加者が意見を交わした。

関連記事

荘内日報社

スマート農業推進へ

 鶴岡工業高等専門学校(高橋幸司校長)とJA全農山形(後藤和雄県本部長)は、情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業の普及・推進を図ろうと、研究交流や地域貢献に関する協定を締結した。三川町にあ...

人工シラスウナギ量産へ 新日本科学と和泊町が協定 沖永良部島

 医薬品開発の受託国内最大手の株式会社新日本科学(本社・東京都、永田良一代表取締役)が沖永良部島で、シラスウナギ(ニホンウナギの稚魚)の人工種苗の大量生産に向けた事業を展開する。同社と和泊町は2...

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク