全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

JAXAが小学校で授業、宇宙の魅力伝える

風船を使った気圧実験をのぞき込む子どもたち(岬小で)

 山口県宇部市の岬小(安平秀行校長) で27日、宇宙を教材にした授業があった。先生は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センター主事の松原理さん(32)。人工衛星からの画像紹介、身近な道具を使った実験などを通し、5年生28人に雲のできる仕組みや動きを教えた。JAXAの一部機能が宇部市内に移転したのに伴い、3月に県教育委員会と同センターが、宇宙教育活動に関する覚書を締結。今年度は、県内の小・中・高校6校で特別授業が予定されている。

 松原さんはJAXAの経営理念や宇宙の定義(地表から100キロ超)、太陽系、銀河系などを説明。「地球は生物がいる貴重な星」と話した。雲は「見えない水蒸気が見える水や氷になったもので、地上5~13キロにある」とし、ペットボトルに水を入れて作り出す実験をした。ちりの役割を果たす制汗剤を加えて、空気を送り込み、栓を抜くと一気に内側が曇った。透明容器の中の風船を膨らませる気圧実験や、下敷きにガムテープを付けて机から引っ張り上げる吸盤実験なども展開。国際宇宙ステーション(ISS)内で、ぞうきんを絞ると表面張力でまとわりつく映像も見せた。

 静止気象衛星ひまわり8号が撮影したここ3日間の画像を、白い大玉に投影すると、台風22号の動きがくっきり。ISSから地球を見た画像では、神秘的な日の出、雷、オーロラなどに「すごーい」の声が上がった。最後に松原さんは「みんなの将来は宇宙のように無限に広がっている。可能性を広げるため、すべてのことを全力で頑張って」とメッセージを送った。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を...

石垣市文化協会を表彰 しまくとぅば県民大会 又吉さん、米城さんも

 【うるま】第7回しまくとぅば県民大会(県主催)が14日午後、うるま市民芸術劇場響ホールであり、しまくとぅば普及功労者として石垣市文化協会(江川義久会長)、又吉智永さん(79)=竹富町黒島=、米城惠...

長野日報社

諏訪湖よさこい開幕 県内外1000人が演舞

 長野県内最大規模のよさこいイベント、第7回「諏訪湖よさこい」(実行委員会主催)が14日、下諏訪町の赤砂崎公園と岡谷市 の岡谷湖畔公園で始まった。2日間にわたり、県内外の一般・ジュニア計36団...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク