全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ことしも奉納団派遣 東京竹富郷友会

2014年の種子取祭で復活した「マンノー」踊り=14年11月15日午後、世持御嶽(資料写真)

 【東京】600年の歴史を持つ竹富島の一大行事種子取祭(国の重要無形文化財)に、ことしも東京竹富郷友会(大谷喜久男会長)は50人を派遣する。  奉納団派遣は、1975年に、過疎化が進み、最も力を必要とする幕舎張りや飯初(イイヤチ)つくりなどの労力を補って島の文化を学び、活動に役立てようと企画したのが始まりで、ことしで42回目。中には、なかなか子どもが授からず、世持御嶽に何回か足を運ぶうちに子宝に恵まれ、お礼参りの団員も。  22日時点で郷友の参加は50人。そのほか生年祝いを迎えた者や全国竹富島文化協会員、グループ、友人同士でツアーを組んだ数を合わせると80人が申し込んでいる。近年はネットで観劇した人が、祭りの全容を見たいという声も多く、初日の第1陣から2日目の奉納芸能までには120人以上が来島する。  大谷団長は29日に竹富島入り、各家元や狂言、舞踊部を激励する。「恒例となった郷友会提供の奉納舞踊は残念ながらありませんが、神聖なステージを踏むことは誰もが誇りに思う。郷友会が92年の歴史を築けたのも島の芸能文化や祭りのおかげ。熱烈に祝い、会員の『胴肌(どぅはだ)願い』をして帰り活動に役立てたい」と世乞いに心を躍らせている。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク