全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

プロ野球ドラフト会議 吉住投手(鶴東3年)ソフトバンク1位指名 田中投手(羽黒3年)は巨人育成4位

野球部の後輩たちに肩車される吉住投手。一同笑顔で、今季のソフトバンクの応援スローガン「1(ワン)ダホー」

 プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が26日、東京都内のホテルで行われ、鶴岡東高3年の吉住晴斗投手(17)=185センチ、85キロ、右投げ右打ち=が福岡ソフトバンクホークスに1位指名された。県高野連によると1位指名は県内では、社会人では前例があるが、高校生は初。また、羽黒高3年の田中優大投手(18)=183センチ、75キロ、右投げ右打ち=は読売ジャイアンツに育成枠で4位指名を受けた。

吉住投手「ストレートで勝負」

 吉住投手は朝暘五小3年時にスポーツ少年団「大宝寺スターファイブ」に入団。小学校、鶴岡二中では外野手だったが、鶴岡東高入学時から本格的に投手に転向。1年秋にベンチ入りし、2年から登坂。2年夏には甲子園のマウンドも経験し1イニングを投げた。

 今夏、エースとして連覇を目指した県大会は3回戦で敗退したが、「夏の後調子が良かった」と自ら話すように、球速の伸びなど成長の手応えがあり、プロ志望を決意。長身を生かした角度のある速球は現在最速149キロという。高校公式戦の通算成績は14試合に登板、被安打45、奪三振71で防御率は2・025。

 吉住投手はこの日、鶴岡東高3階会議室でドラフト会議のテレビ中継を見守った。1巡目入札で、清宮幸太郎選手(早稲田実業高)、安田尚憲選手(履正社高)、馬場皐輔投手(仙台大)を指名したものの抽選で外れたソフトバンクホークスの指名欄に、吉住投手の名前が。本人は予想だにしなかった様子。会議室に詰め掛けた報道陣がどよめく中、佐藤俊監督に担当スカウトから連絡が入った。電話を受けた佐藤監督の合図を受け、ようやく吉住投手は笑顔を見せた。

 指名を受け、齋藤哲校長、佐藤監督、阿部雅慶部長と握手した吉住投手は、家族や指導者、関係者への感謝の思いを語り、「ここからがスタート。期待と不安で半々。準備をしっかりしたい。2桁勝利、藤川球児投手のようなストレートで勝負する投手を目指したい」と話した。また、「ソフトバンクは強い投手陣がそろうチーム。同じ鶴岡出身の長谷川勇也選手がいるのは心強い」とし、「小、中、高と地元鶴岡でプロを目指してここまで来ることができた。プロ野球選手を目指す地元の後輩たちにも頑張ってもらいたい」と野球少年たちにエールを送った。

 佐藤監督は「幼かった1年の時に比べ頼もしい表情になった。素直にうれしく、おめでとうと言いたい。高校は基礎づくりまで。これから野球人としてさらに成長していってもらいたい」と話した。

田中投手 「努力しいい選手に」

 羽黒高校の田中投手は同校で取材に応じ、「選ばれないんじゃないかと思っていたのでありがたい」とほっとした様子で話した。

 温海小4年生から友人の影響でスポーツ少年団に入団し野球を始めた。温海中から一般入試で羽黒高に入学。当時の3年生の学生スタッフが身体能力の高さを見いだし、2年生春から本格的に投手へ。右サイドスローで最速143キロのストレートを持ち味としている。

 プロ入りを意識したのは今夏の県大会準々決勝で敗れた後。「悔しい思いをした。もっと上のレベルで野球をしたい」と志望届を出した。

 小泉泰典監督(33)は「体も細く経験も浅い。身体能力は高いので伸び代はある。次のステージでプレーしてほしい」とエール。田中投手は「もっと努力していい選手になって、1軍の抑えで挑戦してみたい」と意気込みを話した。

関連記事

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。  20...

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨...

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

宇部日報社

ブルーベリー狩り楽しむ、新鮮な甘酸っぱさ人気

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で、ブルーベリーが収穫期を迎えた。甘酸っぱい旬の味覚を求めて、多くの来園者が「ブルーベリー狩り」を楽しんでいる。7月20日ごろまで。    約20...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク