全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

写真展「医療への信頼」 障がいある娘 支える医師ら きょうまで鳩間小中

娘を支える医療関係者へ感謝を表現しようと開催している、河田真智子さんの写真展「医療への信頼」=6日、鳩間小中学校体育館(松原豊さん提供)

 【鳩間】島旅作家・写真家の河田真智子さん(68)=東京都=が、脳に重度の障がいのある娘・夏帆さん(34)と、娘を支え続ける医師や看護師らの姿を記録した写真展「医療への信頼」を6日から竹富町鳩間小中学校で開催している。7日まで。生後間もなくから今日まで夏帆さんを支える医療関係者へ感謝の思いが詰まった個展は、離島医療の発展を願い沖縄県内で初めて開かれている。

 夏帆さんの記録写真は仮死状態で産まれた分娩室から始まる。長く生きられるか分からず、生きている「時」を残そうと真智子さんはシャッターを切っている。

 写真展には、知的障害と身体障害がある夏帆さんを長年診てきた元主治医の故・粟屋豊さんとのツーショット、胃漏のチューブ交換でみせる苦痛の様子、花を前にした和やかな表情、新型コロナの感染リスクを背負いながら夏帆さんに医療を提供する関係者の写真40点が並ぶ。

 鳩間島開催は、島出身で琉球大学特別顧問・大城肇氏(71)の計らいで実現。大城氏とは日本離島センターを通して知り合い、40年来の親交が続く。

 真智子さんは、夏帆さんが東京で先進医療を受け現在に至る経緯を説明し、「もし夏帆が離島で産まれていたら、もたなかった思う。これまで国内外の島を歩いてきて医者のいない島は結構あった」とし、「写真展を通して少しでも島の医療が良くなってほしい」と医療格差が是正されることを願った。

 写真展は年内に琉球大学での巡回も計画中。7日は、鳩間小中の子どもたちに真智子さんの講話も予定されている。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク