全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

かかしロード、人気呼ぶ

リアルなかかし並ぶ

 山口県宇部市厚東立熊の田んぼに沿って走る市道立熊沖田線に「かかしロード」がお目見え。人と見間違うようなリアルなものからワイルドな海賊まで個性豊かなかかしがずらりと並び、近隣住民やドライバーを楽しませている。かかしは、今夏の世界サマースクールや地域のワークショップなどで、厚東、万倉小の児童、外国人留学生、地域住民らが製作した。うべの里アートフェスタの企画として、27点が沿道約40メートルにわたって設置されている。

 中でも、藤本輝夫さん(66)=厚東下岡=の「リアルかかし」は、腰や手足の曲がり具合を見事に再現している。雰囲気もあり、今にも動きだしそう。隣に並ぶと「どっちが本物?」と、はた目からは見分けがつかないほど完成度が高い。稲刈りが終わり、鳥よけの役目を終えたかかしは、沿道でもう一仕事。人を呼び寄せる人気者になっている。展示は11月26日まで。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク