全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大会へ

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手にした。加藤代表は「来年の創立20周年に向けて弾みがつく出場。全国大会では歌うことができる喜びを表現したい」と話した。

 同合唱団は県立酒田西高合唱部OGが中心となり1980年、女声合唱団「紫苑」として結成。結婚や子育てなどで活動を中断した後、2003年に現名称に改め再出発した。顧問として長く同部を率いた元教諭の池田久美さん(同市)の指導で20―80代の団員が月2回の練習を重ね毎年、6月下旬の「酒田飽海地区合唱フェスティバル」、11月3日に行われる「酒田市民音楽祭」でその華やかな歌声を披露している。

 今年で45回目を迎える全日本おかあさんコーラス全国大会は全日本合唱連盟と朝日新聞社の主催。東北予選に当たる今年の東北支部大会は6月12日に山形市の山形テルサホールで行われ、6県から集まった計31団体がエントリー。Shionは三善晃さん作曲の「小鳥の旅」「麦藁帽子」の2曲を披露し、審査員から「詩を大切に、明瞭に、丁寧に曲の心の動きまで表現している」「聴衆にストレスを与えない親切な演奏」「質の高い正統派合唱団」など高い評価を受けて第38回大会以来、6年ぶり2回目の全国大会出場を決めた。

6年ぶりに全国大会への切符を手にした「コールShion」=6月26日

 この2年間は先行きが見通せない新型コロナウイルス感染症との戦いが続いた。加藤代表は「文化芸術全体が大変だったが、(声を出して表現する)合唱はことさらシビア。練習もできない状況が続いた」と話した上で、「団員相互にコミュニケーションを積極的に取り、気持ちを一つにすることに努めた。他の団体も同じと思うが、これまでずっと我慢してきたものが出た予選会だった」と。全国大会に関しては「歌うことの喜びを一番感じることができる大会。全国の合唱仲間から元気を頂き、来年の結成20周年につなげたい」と抱負を述べた。

 全国大会は8月27(土)、28(日)の両日、都内の昭和女子大学人見記念講堂で行われる。Shionは東北支部大会で披露した2曲を発表する。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク