全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色のカラー(襟)が特徴的な加藤さんの作品は、日豪関係を意識したもので、「出品して本当に良かった。私の込めた思いが審査員に伝わってうれしい」と喜びをかみしめている。

優勝した加藤さんと作品

 コンテストは、作品の80%が紙で作られた着用できる作品であることが条件。書類審査から始まり、6月2日の最終審査で11カ国40人34作品まで絞られた。日本人のファイナリストは加藤さんのみ。

 作品名は「Bilateral Relations」。「二国間関係」を意味し、豪州と日本の交流を意識したもの。加藤さんは豪州に留学経験もあり、以前からなじみ深い国ではあったが、昨冬に両国の将来的な結びつきを深める「日豪若手対話」の代表団に選ばれたこともあり、自然と思いが膨らんでいった。

 作品は高さ約140センチ、幅約100センチのドレス。豪州と日本の国旗の色を取り入れ、七稜星を想起させる星型をドレスの中心部と、髪飾りにあしらった。ほぼ100%紙で作られ、全紙(789ミリ×1092ミリ)約12枚を幾重にも折って立体にしている。

 優勝は思ってもみない衝撃の出来事だったという。出品までの道のりが険しく、賞を考える余裕もないような日々を過ごしていた。

 今年1月。エントリー後の審査は通ったものの、コロナ禍で豪州までの航空便が制限され、作品を5月下旬の期日までに送れない可能性が出てきた。コンテストを諦める最悪の事態も想定し、「制作も気持ちが乗らなかった」。国際郵便の最新情報を確認する日々が続いた。

 梱包(こんぽう)を工夫するなど、あらゆる手を尽くして運送会社の条件を通過。状況を理解した現地事務所の全面的な協力で最終審査にこぎ着けたため、その時点で自身の中では満足だったという。

 衣装の構築技術や紙の革新的な使い方、着用時に動いたときの形と機能など、さまざまな面から審査。そのうちの重要なポイントの一つだった作品のコンセプトが評価されたことに「日豪関係をテーマとした作品を評価してもらえたのは、すごく価値のあることだと思う」と話す。

 優勝は18日の早朝に写真投稿アプリ「インスタグラム」にタグ付けされて知った。その後メールも届いて実感が湧いたが、その日は夢見心地だった。コンテスト辞退も想像していた加藤さんは、「周りの人に『いちかばちか送ってみてもいいんじゃない?』と励まされ、背中を押してもらってここまできた。私が選んだ道がいいものになるように導いてくれた人たちに感謝したい」と話している。

 作品は23日から7月30日まで、タスマニアのデボンポートのギャラリーで展示されている。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク