全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イワクラ

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の食品製造事業者からの注文や問い合わせも相次ぐ。原料は、2018年9月の胆振東部地震で大量に倒れた厚真町山林のエゾヤマザクラ。売り上げの一部を森林再生に活用するという。

ピートを混ぜたプレミアムスモークウッドをPRするイワクラ社員

 スモークウッドは、エゾヤマザクラの幹などを細かく破砕し、棒状に圧縮加工した商品。エゾヤマザクラは他の樹種に比べてタールが少なく、薫煙した際に食材に付く苦みはあまりない。スモークウッド60グラムで1時間15~30分ほど発煙でき、魚やチーズ、ゆで卵などさまざまな食材に利用できる。宗谷管内幌延町のピート(泥炭)をブレンドした「プレミアム」も開発し、同社の倉知英治さん(47)は「ピートを練り込むことでワンランク上の薫香を楽しめる」とアピールする。

 価格は、通常のスモークウッドが1本(180グラム)462円、プレミアムは同572円など。イワクラの本社事務所やオンラインショップのほか、汐見町の「とまこまい海の駅ほっき館」でも扱っている。オンラインで買う場合は別途送料が掛かる。

 アウトドアブームも後押しして、4月から本格的に売り出して以降、注文が相次いでいる。スモークウッドを使い、チーズや食肉などを材料にした薫製を商品化したい―と、道内の食品関係企業や酪農家からの引き合いも強い。これまでに食品製造事業者などから20件ほどの問い合わせが寄せられ、200本程度売れたという。倉知さんは「大量に売れているというわけではないが、当初予想の2倍以上の販売数」と好反応に驚き、「今後もさまざな広報活動で燻助をPRしたい」と意気込む。

 売り上げの一部は、胆振管内の若手林業従事者でつくる胆振林業青年部(苫小牧市)に寄付し、地震で被災した胆振東部の森林整備に活用してもらう。倉知さんは「胆振東部地震を風化させず、森を守るという気持ちで購入していただければ」と話す。

 一方、厚真町観光協会も今月から、事務局(町本郷)とオンラインショップで販売。同協会は「胆振東部地震の発災から今年で4年を迎える。復旧から復興へ向かっていく過程の中、イワクラさんとタッグを組んで復興の一翼を担いたい」としている。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク