全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

「おもちゃドクター」のアドバイスを受けながら、修理する生徒(和歌山県田辺市あけぼのの田辺工業高校で)

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいたい」と、真剣な表情で臨んでいる。

 おもちゃ病院は、壊れたおもちゃをボランティアで修理する活動。全国に広がっており、田辺市でも電気関係の仕事に携わっていた恵中一雄さん(74)=同市稲成町=が中心となって、毎月第3土曜の午前10時~正午に、オークワパビリオンシティ田辺店敷地内のよりみちサロンいおりで開いている。
 田辺工業高では、おもちゃ病院の活動に共感したことや、生徒にとって実践的な学習の機会になることから、田辺のおもちゃ病院の協力で昨年度から、電気電子科3年の課題研究の授業のテーマの一つに「おもちゃドクター」を設定。本年度はこのテーマを選んだ5人が、恵中さんらのアドバイスを受けながら修理している。
 このほど恵中さん、谷口俊明さん(68)=同市上秋津、栗山有三さん(76)=同市湊=の3人のおもちゃドクターが、おもちゃ病院に持ち込まれて〝入院〟(預かり)となった、歩くぬいぐるみやラジコンなど3点を持って来校。授業時間では直らないおもちゃもあったが、生徒らははんだ付けで配線をつなぐなど、これまで授業で学んだ技術を生かして臨んだ。
 新田一弘君(17)は「おもちゃが壊れて困っている人の役に立てることにやりがいを感じている。喜んでもらえるように頑張りたい」と話した。
 恵中さんは「生徒がおもちゃを修理することでその仕組みを知り、実践を通して興味を持ったり面白いと感じてもらったりすればうれしい」と話している。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク