全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

「おもちゃドクター」のアドバイスを受けながら、修理する生徒(和歌山県田辺市あけぼのの田辺工業高校で)

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいたい」と、真剣な表情で臨んでいる。

 おもちゃ病院は、壊れたおもちゃをボランティアで修理する活動。全国に広がっており、田辺市でも電気関係の仕事に携わっていた恵中一雄さん(74)=同市稲成町=が中心となって、毎月第3土曜の午前10時~正午に、オークワパビリオンシティ田辺店敷地内のよりみちサロンいおりで開いている。
 田辺工業高では、おもちゃ病院の活動に共感したことや、生徒にとって実践的な学習の機会になることから、田辺のおもちゃ病院の協力で昨年度から、電気電子科3年の課題研究の授業のテーマの一つに「おもちゃドクター」を設定。本年度はこのテーマを選んだ5人が、恵中さんらのアドバイスを受けながら修理している。
 このほど恵中さん、谷口俊明さん(68)=同市上秋津、栗山有三さん(76)=同市湊=の3人のおもちゃドクターが、おもちゃ病院に持ち込まれて〝入院〟(預かり)となった、歩くぬいぐるみやラジコンなど3点を持って来校。授業時間では直らないおもちゃもあったが、生徒らははんだ付けで配線をつなぐなど、これまで授業で学んだ技術を生かして臨んだ。
 新田一弘君(17)は「おもちゃが壊れて困っている人の役に立てることにやりがいを感じている。喜んでもらえるように頑張りたい」と話した。
 恵中さんは「生徒がおもちゃを修理することでその仕組みを知り、実践を通して興味を持ったり面白いと感じてもらったりすればうれしい」と話している。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク