全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦武会長)が最高賞の農林水産大臣賞に輝いた。昨年に結成20周年の節目を迎え、今後の活動に弾みがつく受賞で三浦会長は「これからも楽しく、生きがいの一つとして会を継続したい」と話している。

結成20周年を記念し保育園児と共にクロマツの苗木を植栽する会員。地道な活動が認められて最高賞を受けた=昨年5月、万里の松原

 親しむ会は2001年7月、松陵、泉両学区の住民を中心に設立。市街地北西部にある万里の松原(約70㌶)で植栽花木の手入れや下刈り、枝打ちなどの活動を継続している他、小・中・高校生に森づくりや環境保全に関する環境教育を実施。また、東日本大震災で海岸林が大打撃を受けた仙台市若林区荒浜地区に13年4月、会員約50人が出向いてクロマツの苗木500本を植林し、その後も現地に行き手入れを続けている。長年にわたる森林整備と環境教育などの功績が認められ、これまでに林野庁長官感謝状、県緑化等功労者感謝状、酒田市市民賞、公益財団法人ソロプチミスト日本財団社会ボランティア賞など受賞。現在の会員は約100人と、近隣にある学校など14団体。このコンクールは、森林レクリエーション地域で積極的な森林の整備や有効活用、安全性向上に向けた施設管理といった活動を展開している団体などを表彰するもので、本年度で34回目。6月2日に都内で行われた同協会通常総会の席上、金子原二郎農水大臣名の賞状を受けた。

矢口副市長(左から3人目)に受賞を報告する三浦会長(同2人目)=20日

 受賞報告のため三浦会長、五十嵐幸子副会長、船越重幸事務局長が20日、市役所を訪問し、矢口明子副市長、久保賢太郎農林水産部長と懇談。矢口副市長は「長きにわたって素晴らしい活動をしてもらい、ありがたい。全国に認められた団体が酒田にあるということがうれしい」と。三浦会長は「国や県、市の指導、周辺企業の協力があったからこその受賞」と述べ、「新たなスタートの年に賞を受けたことに感銘を覚える。受賞を励みにこれまで以上の活動を心掛けたい」と話し、今後さらに地域連携・環境教育の推進に力を入れていくことを誓った。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク