全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

「海の家」の店舗デザインを変えようとペンキ塗りをする関西大の学生(27日、和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で)

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。
 関西大は市と地域活性化の連携協定を結んでおり、海の家は2016年から取り組んでいる。田辺観光協会は「学生ならではのアイデアで、にぎわいを生んでほしい」と期待している。
 海の家の店名は「マーレピア」。薄い円形で、空洞になった中に具材を詰めて食べる「ピタパン」、スパイスやハーブで味付けする「ジャークチキン」、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを載せる「ロコモコ」などを提供する予定で、試作を重ねている。27日には店舗のデザインを一新するため、ペンキ塗りをした。
 代表で人間健康学部4年の有元優果さん(21)は「奈良出身で、白浜町は訪れたことはあったけれど、田辺のことは知らなかった。海に沈む夕日がきれい。落ち着いていて、ゆったりと過ごせる雰囲気がある」とすっかり気に入った様子。「レジャー客はもちろん、地元の人が散歩ついでにとか、夕涼みで気軽に訪れたくなるスポットにしたい」と意気込んでいる。
 営業は7月9、10日、16~18日、23日~8月21日、8月27、28日。昼の部は午前10時~午後5時。土、日曜と祝日は夜の部(午後6時~9時)がある。8月27、28日は昼の部のみ。人間健康学部の3、4年生40人が、交代で運営する。
 一方、南紀みらいが運営する海の家「サンセットカフェ」も、一足早く7月1日から隣で営業する。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク