全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

感謝こめ「えび供養祭」 養殖発祥の地・山口で

車エビを海に放す子どもたち(中道海水浴場で)

 第18回えび供養祭は25日、山口市秋穂東の長徳寺で開かれた。車エビの生産・加工者をはじめ、飲食や観光の事業者約30人が出席。近くの中道海水浴場でエビの放流も行われた。山口観光コンベンション協会秋穂支部(冨田正朗支部長)主催。

 供養祭では、同寺の河谷正也住職が読経した。秋穂総合支所の吉岡秀夫所長が「私たちにとってエビは豊かな海の象徴。恩恵に感謝するとともに冥福を祈る」と慰霊の言葉を述べた。車エビ約250匹の放流には、大海保育園の年長児14人が参加。バケツに入った体長約10センチのエビを1匹ずつ海に放していった。冨田支部長によると、今冬の車エビの出荷量は養殖25トン、天然5トンを見込む。主にお歳暮用として、11月から東京や大阪に出荷される。1963年から車エビの養殖、販売を始めた秋穂地域は「車エビ養殖発祥の地」として知られる。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク