全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々を浮かべる「花手水」が行われたほか、屋内外にパンや野菜の出店ブースが設けられ、境内は町内外から訪れた多くの参拝者でにぎわった。

参拝も兼ねて町内外から多くの人が集った境内

 同神社の再建工事完了に合わせ、町民有志でつくる同実行委員会(宮野和美実行委員長)が企画した。屋外ではパン、コーヒーや野菜のカブ、ホウレンソウを販売。子どもには駄菓子などを用意してもてなした。社務所内では美容、整体体験や雑貨販売を行った。70代女性は「なかなか神社に来るきっかけがなかったけれど、楽しむことができてよかった」と満足そうに話した。

 震災で被災した当時の神社の状況や社務所解体の様子を写真で紹介するコーナーも設け、4年前を思い返しながら、神社再建の喜びを共有した。80代の女性は「本当にあの時は大変だったけれど、こんなきれいになってうれしい」と笑顔を見せた。

 イベントは当初、24日に予定していたが、低気圧による大雨の影響で急きょ25日と合わせ2日間に変更した。悪天候によりジンギスカンやスイーツのキッチンカーの出店は中止し、日程変更の周知が直前になるアクシデントもあったが、口コミやSNS(インターネット交流サイト)で情報を聞き付けた人たちが町内や遠方から続々と駆け付けた。

 同神社の中村昇洋宮司(44)は「多くの皆さまのご支援があって、元通り以上の復旧がかなった。コロナ禍で境内での催しをできずにいたが、実行委の方々が最善を尽くし、にぎわいを取り戻してくれたことをうれしく思う」と謝辞を述べ、今後「皆さまの心のよりどころになるような神社運営に努めていきたい」と気持ちを新たにしていた。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク