全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介している。

観光パンフレットを手にする小松代表

 滞在記は、一般社団法人ドット道東(事務局北見、中西拓郎代表理事)に所属する須藤か志こさん(26)=釧路市在住=が執筆。昨年7月に1週間ほど町に滞在し、喫茶店の“お母さん”や馬好きの夫婦ら特色ある9人と会い、感じたことを赤裸々につづっている。

 創業95年のやぶそば店「かし和家」の営業を受け継いだ近江幹太さん(21)はその一人として紹介され、「これからも長く続いていくであろう浦幌町の歴史を引き継ぎながらも、新鮮な風を運んでくれる、そんな存在がとても眩(まぶ)しかった」と未来への期待が込められている。

 このほか、スナックのママを夢見る飲食店従業員や、エゾシカを使った商品の販売を目指すハンター見習いら20~30代の移住者4人を顔写真付きで紹介。スパカツやちゃんこ鍋といった浦幌自慢の食、昆布刈石展望台の景色や炭鉱を巡るツアーといった浦幌ならではの観光も紹介し、「浦幌に来る前だけでなく、旅した後に読んでも面白いと思う」(小松代表)。

 パンフレットの裏面には「浦幌町滞在が面白くなる参考書」とも書かれており、小松代表は「いろいろな人の目線で浦幌について分かりやすくまとめられているので、浦幌について町外の人に説明する時にも使えますよ」と話している。フルカラー14ページ。2000部作製し、町内の道の駅のほか、帯広市内のホテル・ヌプカや釧路市内のゲストハウスに置いている。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク