全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

長衛祭の碑前祭でレリーフに献花し、登山の安全を祈る参加者

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年ぶりに開いた。山岳関係者ら約80人が出席。南ア登山の礎を築いた長衛へ思いをはせ、本格化する登山シーズンに向けて安全を祈願した。

 新型コロナウイルス感染拡大などの影響で2020年、21年は中止に。今年は一般は募らず関係者のみの参加とし、例年、祭り後に行う交流会や祭りの翌日に実施する記念登山は中止にするなど、規模を縮小して開催した。

 長衛祭は、長衛と親交のあった人たちによって設置された、大岩に長衛の姿を刻んだレリーフの前で毎年行われている。式典では参加者全員で童謡「ふるさと」を歌い、地元産のアルストロメリアをレリーフに手向けた。最後に地元の長谷小学校と長谷中学校の子どもたち約15人が「讃歌長谷」を合唱。地元への思いをめぐらせた。

 唐木眞澄実行委員長は「長衛祭が続けてこられたのはここの山を愛する長衛翁の心がそこにあったから。今後も続けていくために努力していく」とあいさつ。大会長の白鳥孝伊那市長は「私たちが当たり前に大自然に親しみ、登山を楽しむことができるのも長衛翁の先駆的な取り組みと崇高な志を引き継ぎ、活動を実践してきた皆さんのおかげ。今後も関係団体の皆さんと共に、安全確保や自然保護のための取り組みに努めることを碑前に誓う」と祭文を読み上げた。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク