全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、店長という役職名の正社員は第1号。前職の経験を生かしたPOP作りやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)による発信に力を入れるなど、道の駅の盛り上げに奮闘している。

道の駅うらほろの店長を務めるハニフさん。レジでの応対や会計処理、SNS運用など幅広い業務をこなす

 「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」-。身長176センチのすらっとした立ち姿で、手際良くレジ打ちをこなす。流ちょうに日本語を話す姿を見た来店客から「日本語上手だね。頑張って」「兄ちゃん、どこの国だい」と声を掛けられることも。道の駅のスタッフからも「仕事を覚えるのが早く心強い」と一目置かれている。

 ハニフさんは、3月末に町地域おこし協力隊を卒業した芸術家の鹿戸麻衣子さん(37)の夫。マレーシアの日本語学校の教師になることを夢見て、13年に留学生として来日した。14年から4年間は麗澤大学(千葉県)で日本語の勉強に励み、卒業後は社会経験を積もうと東京都内のサクラホテルに就職。そこで職場が同じ鹿戸さんに出会った。

 2月に同ホテルを退職し、浦幌に移り住んだのは3月中旬。道の駅が事務スタッフの後任を探している話を聞いて面接を受けたところ、将来の運営を担う有望株として店長に抜てきされた。

 働き始めた当初は「お客さまに『インカのめざめをください』と言われた時は何のことかさっぱりでした」と野菜の品目を覚えることに苦労し、聞き慣れない北海道弁に戸惑いを感じることも。約3カ月たった今でもソフトクリームの巻き方はうまくいかずに苦戦中だ。

 それでも、前職時代に経験したパソコンを使った会計処理や目を引くPOP作成といった作業はお手の物。6月にはインスタグラムの公式アカウントを開設し、動画配信に力を入れて集客につなげている。

 母国語のマレー語に加え、英語と日本語の3言語を話せることを生かし、コロナ収束後に来訪が期待される外国人観光客のおもてなしも念頭に「外国人が一目で分かるようなPOPを作りたい」と意気込んでいる。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク