全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

春の交通安全県民運動スタート

関係団体の代表者が玉串をささげ、交通安全を祈願した=鶴岡地区

 春の交通安全県民運動が6日から県下一斉にスタートした。15日(日)までの期間中、庄内地域でも、鶴岡、酒田、庄内の3警察署や交通安全関係団体が啓発活動を繰り広げる。初日の6日、庄内地域の各地区でそれぞれ出発式が行われた。

 県民運動の重点目標は▽子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止▽自転車の安全利用の推進▽全座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用徹底▽飲酒運転の根絶▽運転者の基本ルールの順守徹底―の5項目。

 鶴岡地区の出発式は午前10時から鶴岡市の荘内神社で行われ、交通機関・団体の関係者合わせて約150人が出席、初めに神事が執り行われ、玉串をささげて管内の安全を祈願。鶴岡地区交通安全協会の加藤捷男会長が「一致協力した地道な活動で、交通ルール厳守の呼び掛けをお願いしたい」、西塚隆一鶴岡警察署長が「交通事故死者数は昨年、県内管内のいずれも7割以上が高齢者であり、防止対策は喫緊の課題。交通環境が変わるこれからの時期、歩行者とドライバー両者への啓発に協力を」とあいさつした。

 酒田地区では午前10時から酒田警察署会議室で出発式が行われ、関係者約200人が参加。桐沢聡酒田市市民部長、時田博機遊佐町長、前田直己酒田飽海地区安全運転事業主会長(県公安委員)のあいさつに続き、増川髙広酒田署長が「運動を機に、より安全・安心な地域社会の実現を図っていこう」と述べた。

 西荒瀬保育園の年長児25人による「スマ歩宣言」の唱和、県立酒田西高音楽部吹奏楽班の演奏に続き、パトカー、青パト、市町の広報車で管内全域をパレード、運動開始の周知を図った。

 庄内地区では午前9時から庄内町役場西庁舎ホールで出発式。関係者約120人を前に、原田眞樹町長が「地域高規格道路『余目酒田道路』の開通で、交通事故が減ることを期待している。運転者も、歩行者も安全に対する意識を高めてもらいたい」、佐藤隆治庄内署長が「警察として街頭監視、取り締まりを強化するとともに、横断歩行者保護意識の浸透活動に力を入れる。活動を通して安全運転の周知・徹底に協力を」とあいさつした。県立庄内総合高、町老人クラブ連合会、町交通安全母の会の代表による交通安全宣言に続きパトカー、町の広報車が告知パレードに出た。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク