全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。

2023年度から道外の生徒も受験可能となった鹿追高校

 道教委は2023年度の入学者選抜から、1学年当たり2学級(募集定員80人)以下でも、地域に根ざした特色ある授業を行い、規定以上の単位が取得できる高校は全国から出願できるようにした。高校を核としたまちづくりを進めたいと、道内の各地域からの要望が強かったことから条件を緩和した。

 これまでは、道の基幹産業の農業や水産関連の教育課程を編成し、規定以上の単位を取得できる学校や科、地域連携特例校、離島の高校に限って道外からの受け入れを認めていた。

 管内ではすでに音更、帯広農業(酪農科学科)、更別農業(農業科)、士幌、清水が道外から受け入れている。帯広農業の農業科学科も23年度から新たに受け入れる。

 鹿追高は、とかち鹿追ジオパークを生かしたフィールドワーク、地域の人たちなどと連携し町の課題解決を研究する「鹿追創生プロジェクト」、幼小中高一貫の英語教育、ICT(情報通信技術)を活用した教育などを行っている。俵谷校長は「地域の協力、連携によるこの素晴らしい教育環境で学ぶ機会を、募集定員に余裕があるのであれば全国の子どもたちにも与えたい」と道外から受け入れる理由を話す。

 鹿追町の渡辺雅人教育長は「道外から受け入れることで、鹿追に愛着を持ってもらい将来の関係人口や交流人口の増加などにもつながる」と期待する。課題は生徒が滞在する寮や下宿の確保。現在、男女それぞれの寮があり空室もあるが、町教委は入寮希望者が増えた場合の滞在環境整備について検討していくとしている。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク