全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

「山紫」を手に「味は良い」と語る城倉友幸さんと村田純さん(右)=伊那市役所

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の1430本(720ミリリットル瓶、税込み価格2500円)を出荷する計画だ。

 「信大W―3」は、信州大学農学部(南箕輪村)と市が連携して開発したワイン醸造用の新品種。生活習慣病予防につながるとされる抗酸化物質ポリフェノールが、他品種のブドウよりも多く含まれているという。

 やまぶどう生産者の会の城倉友幸会長(72)によると、昨秋は市内の農家9戸の畑計2ヘクタールで、果実1871キロを収穫。伊那ワイン工房(同市美篶)で8カ月間醸造し、瓶詰めした。工房を営む村田純社長(61)は、今季のワインを「辛口のミディアムボディ。ヤマブドウワインにありがちな鋭い酸味が緩和され、上々の味」と表現した。

 城倉さんは「木が順調に育ち、安定して収穫ができるようになった。ワイン醸造に適した基準の糖度を確保するため、施肥など細かな栽培方法を農家に伝え、品質第一で果実が収獲できるように心掛けた」と話した。問い合わせは市農政課(電話0265・78・4111)へ。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク